投稿日:更新日:

コロナ禍これからの飲食店開業|資金調達の方法と考え方

コロナ後の飲食店開業|資金調達の方法と考え方_記事画像

2020年5月、新型コロナウイルス感染症に起因する緊急事態宣言が解除され、飲食店なども通常通りの営業に戻りつつある。
しかし、すでにご存知の通り、自粛要請前と全く同じ状態で営業している店は少ない。
自粛期間中に一気に拡大した「テイクアウト」「デリバリー」といった販売方法をそのまま継続している店は多く、換気のために入口ドアや窓の開放、アルコール消毒液の設置、はたまた飲食店でマスクを販売しているケースなどもある。

canaeru編集部では、4月に公開した
コロナ明けの飲食店開業・経営に未来はあるか?…専門家が解説
に続く、「これから飲食店を開業」しようとしている新オーナーに向けた第二弾として、主に「開業の資金」にフューチャーして新たな取材を実施した。
特に、現在(2020年5月)canaeru開業サポートが手掛けている開業のための資金調達は、金融機関の現在の融資状況を計れる内容だ。
これから飲食店を開業しようとしている新オーナーは、是非一読していただきたい。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ