お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

各地域のオススメポイント

地図上で見たい地域を選択後、都道府県を選んでください。
県の特徴やU・Iターン開業体験談(おすすめポイント)などがご覧になれます。

北海道

地域の特徴

日本最北端の都道府県で、オーストリアとほぼ同じ面積を持っています。気候は梅雨がなく、台風も滅多に上陸しないのが特徴です。主な産業はじゃがいもや米などの農業のほか、酪農や漁業、工業も盛んで、名産品も鮭、カニをはじめとした魚貝から、メロンや乳製品など幅広く楽しめます。

おすすめポイント

北海道庁と北海道労働局が主体となり、U・Iターンの就職希望者や採用企業を支援しています。学生U・Iターン就職も促進しており、東京の大学と協定を結ぶなどして優秀な人材を求めています。近年は道外からの移住者が多く、各市町村が提示している移住特典や支援内容の違いで地区を選択できる自由度も魅力です。

北海道U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

地域から選びなおす

青森県

地域の特徴

本州最北端に位置し、海、山、平野、半島を有する自然に恵まれた地域です。はっきりとした四季の変化が特徴で、日本有数の豪雪地帯としても知られています。主な名産品はリンゴやニンニク、国内一の水揚げを誇るサバやイカなど。国の重要無形民俗文化財に指定された「青森ねぶた祭」は、毎年200万人以上の観光客が訪れます。

おすすめポイント

充実した教育施設や、保育所待機児童ゼロ(平成26年4月時点)といった子育て環境のほか、リーズナブルな住宅価格も大きな移住のメリットとなっています。

記事掲載日: 2017年6月1日

岩手県

地域の特徴

北海道に次いで全国で2番目に広く、広大な北上盆地を有しています。人口のほとんどが北上盆地に集中しており、前沢牛をはじめとする高級和牛の産地にもなっています。内陸は夏は暑く冬は寒いですが、積雪量には地域差があります。奥羽山脈は積雪量が多く雪質も良いため、ウインタースポーツが盛んです。

おすすめポイント

岩手県で働きたいすべての人に対して手厚い支援を行っています。大人になってから故郷の魅力を再発見する人、復興やアウトドアをきっかけにIターンを希望する人など、多くの人が移住を実現させています。

記事掲載日: 2017年6月1日

宮城県

地域の特徴

東北最大の都市であり、東北の玄関口とも表される仙台市を擁しています。東は太平洋に面し、西は奥羽山脈に接しており、宮城県は「食材王国みやぎ」というキャッチコピーを掲げ、ササニシキやひとめぼれといった稲作のほか、世界三大漁場の三陸沖漁場から揚がるサンマ、カツオ、マグロ、カキといった海の幸も堪能できます。

おすすめポイント

東北地方では二番目に高い有効求人倍率1.31倍(平成27年時点)があり、医療や福祉、情報通信業での求人が増加中。真夏日が少なく、降雪量の少ない穏やかな気候や、都市部と田舎のほどよい住環境が人気を集めています。震災後に大きな被害を受けた女川町では地域をあげて移住支援を行っており、融資制度も備えた起業支援体制を整えています。

宮城県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

秋田県

地域の特徴

豪雪地帯として知られる、東北地方・日本海側に位置。厳しい冬の寒さが特徴的ですが、世界自然遺産である「白神山地」や日本一の深さを誇る「田沢湖」など、世界に誇る自然が数多く残されています。あきたこまちに代表される稲作が盛んで、きりたんぽや日本酒といった派生品も有名。稲庭うどんや比内地鶏なども味わえます。

おすすめポイント

出身地に関わらず、秋田に移住してほしい!という願いを込めて「Aターン」という独自の言葉を使い、積極的にU・Iターンを支援しています。農業、林業、畜産業のほか産業も盛んで、通信機器に使われる部品の出荷額が全国1位を誇るなど、多様な就業先が期待できます。住宅情報も充実しているため、移住後の暮らしが想像しやすいかもしれません。

秋田県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

山形県

地域の特徴

その名の通り、県域の85%を山地が占めている山形県。県域のほとんどが豪雪地帯ですが、緯度の割には温暖で、雪は溶けやすい環境です。穏やかな気候を活かした果樹栽培が盛んで、さくらんぼやラ・フランスなど高級フルーツが味わえます。近年では、上杉謙信、直江兼続のゆかりの地としても注目を集めています。

おすすめポイント

山形県庁を中心に移住相談や就職マッチングを行っています。また、現役学生のUターンを支援するため、就職活動や職業能力をみがくセミナーなども開催。比較的穏やかな気候のため、初めての田舎暮らしに適しています。

記事掲載日: 2017年6月1日

福島県

地域の特徴

「うつくしま、ふくしま」というキャッチコピーを掲げる福島県は、大きく3地域に区分され、気候や景観が異なります。太平洋に面した“浜通り”は穏やかな気候に恵まれ、交通網が充実した“中通り”は米やモモなどの農産物が有名。そして、白虎隊の逸話で知られる“会津”は自然豊かな観光地が多く、冬はスキーを楽しむことができます。

おすすめポイント

復興が進み東北で一番高い有効求人倍率を誇り、福島へのU・Iターン「Fターン」を支援しています。学生への支援も積極的で、非常に多くの企業が県外からのインターンシップを受け入れています。震災の影響も心配されますが、復興状況などを常に県が可視化しているため、近年は移住を決める方が増加しています。

記事掲載日: 2017年6月1日

地域から選びなおす

茨城県

地域の特徴

関東地方の北東に位置し、沿岸部特有の穏やかな気候に恵まれ、メロンやピーマンなどの農業産出額が全国2位を誇る日本屈指の農業県です。一方で、県北部は工業化が進み、県南部は東京特別区のベッドタウンとして開発が進む、成長が目覚ましい地域です。近年は音楽フェスの開催や、映画・ドラマのロケ地としても有名に。

おすすめポイント

魅力度ランキングは低くとも、都心へのアクセスの良さや充実した教育環境、子育て支援の手厚さなど、移住に適した条件が揃っています。農業や漁業のほか、最近は大企業が続々と茨城県に生産拠点を新規立地していたり、名だたる研究機関も集まっているため、様々な分野の就業が期待できます。

茨城県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

栃木県

地域の特徴

関東北部に位置し、海には接していませんが鬼怒川や那須など古くから温泉が多く、世界遺産の日光東照宮や輪王寺など有名な観光地が点在している地域です。高原地は酪農地としても知られ、いちごやかんぴょうなどの特産物も生産されています。那須は避暑地としても有名で、皇室の御用邸があるほか二拠点居住をする方も。

おすすめポイント

首都圏に近い地理的優位性や、充実した交通インフラがあるため、農林業・商工業・観光業がバランスよく発展し、将来性のある中小企業も多数存在。近年は、那須高原を中心に個性的なショップやカフェの開業も目立っています。

記事掲載日: 2017年6月1日

群馬県

地域の特徴

県土の2/3が丘陵山岳地帯で、山、湿原、湖沼、河川などの豊かな自然が広がっています。都心からも約1時間でアクセス可能で、田舎暮らしも都市部での暮らしも楽しむことができます。下仁田ねぎや、こんにゃくなどの名産品のほか、全国有数の小麦の生産量を誇る群馬県はうどんも有名で、他にも麺を使った多数のB級グルメが親しまれています。

おすすめポイント

「ぐんまでちょうどいい暮らし。ぐんまでちょっといい暮らし。」というキャッチコピーで移住を促進中。桐生市や南牧村では移住体験ができる施設があり、自然や郷土文化に触れられるイベントも開催されています。

記事掲載日: 2017年6月1日

埼玉県

地域の特徴

ベッドタウンとしてのイメージがありますが、川越や長瀞など歴史と伝統、自然を感じさせる地域も多数存在しています。名物に深谷ねぎ、狭山茶、草加せんべいなどがあり、西武ライオンズ、浦和レッズといったスポーツチームも有しています。最近ではアニメの聖地としても知られ、町おこしの一端を担うことも。

おすすめポイント

東京に隣接していることから、都心での仕事を継続したまま移住する人も多いです。しかし、埼玉県は事業所数が全国5位、世界40位の国に相当する経済規模を持っているため、都心へのストレスフルな通勤をやめ、県内で就業するのも魅力的です。また、自然災害が少ないことから農業にトライする方も多く、特産品を使った6次産業も人気です。

記事掲載日: 2017年6月1日

千葉県

地域の特徴

東京ディズニーランドや成田空港など、日本のランドマークを擁しています。地域によりガラリと異なる雰囲気を味わえるのが魅力的で、都会にはない豊かな海と里山の自然にも恵まれています。東京湾・太平洋から揚がる海の幸や、落花生、ホウレンソウ、梨などの生産も盛んです。実は日本の酪農発祥の地とされ、生乳生産量は全国第4位。

おすすめポイント

都心に近いですが、神奈川や埼玉と比べると都内への通勤に少し時間がかかることから、千葉市では在住者の57%が千葉市内で働いています。有効求人倍率は全国平均よりやや下回っていますが、京葉工業地域では石油・化学・鉄鋼・物流業、千葉市、船橋市では商業も盛ん。千葉房総では、広大な土地や古民家を活かした田舎暮らしも盛況です。

記事掲載日: 2017年6月1日

東京都

地域の特徴

日本の首都。人口1368万人、都内総生産95兆円を超える世界有数の大都市です。その一方で、伊豆諸島や小笠原諸島などの離島も属しています。海と山に囲まれた自然豊かな離島は、大都会・東京とは異なる魅力で観光人気も高く、海の幸や温暖な気候を活かしたフルーツなどの特産品が有名です。

おすすめポイント

伊豆諸島地域では、「東京都離島振興計画」を策定して以来、観光資源としての離島の価値を高めてきました。そのため、観光業関連の求人が多く、働きながら雄大な自然とマリンスポーツを楽しみたい方にはおすすめの就業先と言えます。また、大島では起業やU・Iターン希望者に向けたセミナーを開催するなど、積極的な支援を行っています。

記事掲載日: 2017年6月1日

神奈川県

地域の特徴

横浜、箱根、鎌倉、江の島と魅力ある観光地が多く、東京に次いで全国2番目に人口の多い地域です。横浜の中華街、三崎のマグロ、海軍カレーなど、港町ならではの多彩なグルメを堪能できます。首都圏へのアクセスも容易で、東京と遜色ないオシャレで都会的なイメージがあるため、地元愛が強い印象です。

おすすめポイント

「ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう」というフレーズで、三浦半島、相模原、湘南エリアを中心に移住・定住をPRしています。東日本・熊本地震の被災者を対象とした就労支援も行っており、上場企業数が全国4位の神奈川県は転職・就職先の幅の広さが特徴です。

記事掲載日: 2017年6月1日

地域から選びなおす

三重県

地域の特徴

紀伊半島の東側にあり、南北に細長い形で、平野部、山脈、高原、盆地と地形も変化に富んでいます。日本の心のふるさとと呼ばれる伊勢神宮や、世界遺産の熊野古道、鈴鹿サーキットなどの日本を代表する名所があります。海、山の豊かな自然に恵まれているため、伊勢海老や真珠、松坂牛などの名産品も有名です。

おすすめポイント

古くから観光業が盛ん。農林水産業も発展しており畜産や酪農も広く営まれています。また中京工業地帯を擁し、製造・石油・化学産業も主体に。かつては公害問題もありましたが、現在は法整備や汚染防止技術の向上でしっかりとした対策を実施。人口10万人を超える都市機能を備えた市も多く、市街地と郊外の良さを併せ持っています。

記事掲載日: 2017年6月1日

滋賀県

地域の特徴

県面積の1/6を占める、日本最大の湖・琵琶湖が有名。琵琶湖は県のシンボルで、産業用水、飲料水、観光資源として活用されています。周囲は山脈と山地が取り囲み、すごしやすい気候が特徴ですが、湖西・湖北の大部分は豪雪地帯に指定されています。口にいれるとまろやかな風味が広がる近江牛のほか、琵琶湖から獲れる湖魚などが名産品。

おすすめポイント

近畿圏、中部圏、北陸圏の結節点にあり、古くから全国有数の内陸工業県として発展してきました。県内総生産に占める第2次産業の割合は全国1位で、ライフステージに応じた様々な就職支援を行っています。また、創業・新事業を支援する「ビジネス・インキュベーション施設」も設置。各市町の移住支援施策も充実しています。

記事掲載日: 2017年6月1日

京都府

地域の特徴

かつては日本の都があり、伝統と文化、歴史が色濃く残る地域です。四方を山に囲まれた盆地であるため夏は蒸し暑く、冬は厳しい寒さですが、その激しい寒暖の差が京都特有の美しい四季の景観を生み出しています。歴史的な寺社仏閣を有し、観光客で賑わう京都市から離れた北部は農山漁村地域で、高級貝トリガイなどが特産品です。

おすすめポイント

観光業が活況ですが、実は技術力の高い工業都市という側面も持ちます。京セラや村田製作所など京都に本社を置く現代的なハイテク工業のほか、西陣織や友禅染などの伝統工業も盛ん。京都で叶える“田舎ぐらし”にも関心が高まっています。

記事掲載日: 2017年6月1日

大阪府

地域の特徴

日本第2の都市として知られる大阪市は、世界に知られる経済文化都市で、昔から物流、商業の中心であったことから「天下の台所」という異名も持っています。関西人ならではの明るい気質やお笑い文化が溶け込んでいるほか、日本全国でヒットするトレンドの発信地でもあります。たこ焼き、お好み焼き、串カツなどのグルメも有名。

おすすめポイント

東京に次いで大手企業数が多く、あらゆる分野での就労が期待できます。「ボケない大阪移住プロジェクト」を主催し、ユニークな企業の仕事体験や起業をサポート。様々なニーズに沿った人気の居住エリアなどを紹介しています。企業数が多く、大手の求人サイトで仕事探しをすることは可能ですが、行政でのU・Iターン支援はやや物足りなさも。

記事掲載日: 2017年6月1日

兵庫県

地域の特徴

北は日本海、南は瀬戸内海に面し、島、海、山といった多彩な地形と、様々な産業が発展していることから「日本の縮図」とも呼ばれています。県庁所在地の神戸市は古くから港町として栄え、西洋文化がいち早く取り入れられた街としてその華やかさを現在に残しています。甲子園や宝塚の聖地としても知られ、神戸牛、そばめし、ぼたん鍋が名物です。

おすすめポイント

各市町が地域のPRに努めており、移住や就職、就農の促進に取り組んでいます。海、山など環境に恵まれた土地も多く、自然や人とのふれあいを求め、農山漁村における多自然地域でのゆとりあるスローライフニーズが高まりつつあります。

記事掲載日: 2017年6月1日

奈良県

地域の特徴

近畿地方の中南部に位置。国宝建造物数が日本で一番多く、歴史・文化ともに重要な拠点となっている県です。年間気温は全国から見て平均的ですが、夏は蒸し暑く、冬は近畿地方で一、二を争うほどの寒さ。奈良漬や吉野葛など古くから受け継がれている食文化のほか、イチゴ、スイカ、柿などの有数の産地でもあります。

おすすめポイント

歴史遺産を中心とした観光業が目立ちますが、奈良筆や漆器などの伝統工業も盛んで、吉野杉で知られる林業も有名です。奈良県の無料職業紹介所を中心に、県内の企業との雇用マッチングを行っており、歴史ある奈良市街地、ベッドタウンとして開発されたニュータウン、田園風景が広がる農村地域と、地域特性に富んだ暮らしが選択できます。

記事掲載日: 2017年6月1日

和歌山県

地域の特徴

紀伊半島の西側にあり、県の大部分が海に囲まれ、県南部には大規模な山地を有しています。日照時間が長く、温暖な気候であるため生産量日本一のミカンやハッサク、梅など果樹栽培が盛業。和歌山県沖に黒潮があるため、マグロやカツオ、太刀魚など美味しい海の幸にも恵まれています。さらには白浜温泉、龍神温泉など温泉も豊富。

おすすめポイント

全国に先駆けて移住支援に取り組んできた和歌山県は、40歳未満の若年移住者への奨励金や、起業・農林水産就業補助金など強力なサポートが魅力です。主要産業の農林水産業以外にも、県内企業の採用活動も積極的です。結婚~子育てへの支援も手厚く、相談体制も整っていることから移住しやすい地域です。

和歌山県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

地域から選びなおす

鳥取県

地域の特徴

山陰地方の東側を占め、東西に細長いのが特徴。日本で一番人口の少ない県です。鳥取砂丘のイメージから暑い地域と思われがちですが、西日本有数の豪雪地帯で-15℃を記録する地域も。鳥取の特産品は二十世紀梨や松葉ガニのほか、大山から流れる美味しい水など。県内に10箇所の温泉郷があるほか、漫画家・水木しげるの出身地でもあります。

おすすめポイント

県で「子育て王国とっとり」というキャッチコピーを掲げ、「とっとり子育て応援パスポート」なる特別サポートもあります。暮らしやすく、子育てもしやすい地域環境を目指しています。

記事掲載日: 2017年6月1日

島根県

地域の特徴

中国地方の北部に位置し、東西へ細長い地形をしています。離島の隠岐島、竹島なども島根県に含まれます。日本神話の舞台として知られ、大国主命を祀る「出雲大社」は縁結びの神様としても有名です。気候は比較的温和で、雨が多いのが特徴。旬になると、ベニズワイガニ、カレイ、しじみなどが堪能できます。

おすすめポイント

相談窓口を中心にU・Iターンを支援しています。島根の産業は、農業がやや減少傾向ですが、漁業は総漁獲量が中国・四国地方では最も多く活況です。移住に向け、住宅相談も手厚く各市町村の空き家情報も日々提供しています。

記事掲載日: 2017年6月1日

岡山県

地域の特徴

中国地方南東部にあり、瀬戸内海に面しています。古くから近畿、中国、九州、四国地方の交通の要衝とされてきました。年間を通して晴れる日が多く、降水量も少ないため「晴れの国」と呼ばれています。ブドウや桃などの高品質な果物が生産され、瀬戸内海の魚介類も豊富。桃太郎伝説の発祥地として知られ、きびだんごは県の銘菓です。

おすすめポイント

昔から西日本のクロスポイントとして重要視されてきた岡山県には、その利便性や地域資源から多種多様な企業があり、求人倍率は全国3位と高水準です。主要産業は農業、漁業のほか、アパレル産業や医薬品、IT産業など幅広い地場産業が発展しています。また、地震などの災害が少なく、U・Iターン希望者や子育て世帯に嬉しい支援も充実しています。

岡山県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

広島県

地域の特徴

中国地方にあり、瀬戸内海に面しています。自動車のマツダ、広島カープ、サンフレッチェ広島などのスポーツチーム、厳島神社や原爆ドーム…など、様々な顔を持った県です。気候は穏やかで雨は少なめ。地形や自然環境の変化に富んでいることから、都市部に住みながら余暇はマリンスポーツやスキーを堪能する方も多いです。名産はカキなど。

おすすめポイント

広島県が主体となり、U・Iターンや移住に関する情報を多く発信しています。広島は製造業を主体とし、輸送用機械や鉄鋼が県の産業を牽引、最近は半導体や電子部品なども成長しています。また、自動車産業や造船産業も盛んで、業界を問わずにチャレンジしたい方にはぴったりな地域です。教育環境にも恵まれているため子育てへの安心感も。

記事掲載日: 2017年6月1日

山口県

地域の特徴

本州の最西端に位置し、約1,500kmに及ぶ長い海岸線を持っています。穏やかな瀬戸内海と荒々しい日本海に囲まれ、響灘で揚がるアジやトラフグはブランド化されています。また、雄大な自然の宝庫でもあり、エメラルドに輝く海・角島や、大鍾乳洞・秋芳洞、日本最大のカルスト台地・秋吉台などの美しい景勝地が生活のそばにあります。

おすすめポイント

「YY!ターン」という独自の言葉を使い、「やまぐち」のY、「わいわい楽しい暮らし」のYを合わせてU・Iターンを支援しています。古くから農林水産業に力を入れてきましたが、近年は従事者の高齢化・減少が進み「日本一の担い手支援策」を打ち出し、積極的に取り組んでいます。住みやすい環境であるため、幅広い年代にマッチする県です。

記事掲載日: 2017年6月1日

地域から選びなおす

新潟県

地域の特徴

米どころとしてトップブランドを築いています。米、酒、米菓のほか、日本海から揚がる新鮮な魚介、地元の食材を使った郷土料理やご当地グルメなど、おいしい食に恵まれた地域です。県内全域が豪雪地域ですが、日本海の暖流の影響で冬も気温が高く、朝晩はあまり冷え込まない気候のため、冬はスキーや温泉を楽しむ観光客で賑わいます。

おすすめポイント

基本的な生活費や住宅購入費が比較的安価のため、家計のやりくりのしやすさも魅力です。県庁所在地でもある新潟市もUIターンの取組に積極的。

新潟県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

富山県

地域の特徴

本州の中央北部に位置し、大きな平野を飛騨山脈、立山連峰などの急峻な山岳地帯が囲んでいます。植生自然比率は本州一で、多種多様な動植物が見られます。黒部ダムなどから供される水は綺麗で美味しく、暮らしや産業を支える重要な資源です。富山湾から揚がるブリやホタルイカのほか、富山ブラックと呼ばれるご当地ラーメンも有名。

おすすめポイント

過去30年の震災回数が全国最小であることから、安全・安心を求めて移住を検討する人もいます。正規雇用率が高く、女性有業率もトップクラス。保育所待機児童数は0と働きやすい環境が整っています。

記事掲載日: 2017年6月1日

石川県

地域の特徴

北陸新幹線の開業で注目度が高まっている県で、日本海のほぼ中央にあります。江戸時代に花開いた文化が今なお息づき、脈々と受け継がれる輪島塗、加賀友禅などの伝統工芸のほか、日本三名園の一つ兼六園や、武家屋敷など数多くの文化財が残されています。また、カニ、ブリ、スルメイカなどの海産品のほか、加賀や能登のブランド野菜も関心を集めています。

おすすめポイント

広々とした住宅環境や、物価の安さ、通勤時間の短さなどから全国でもトップクラスの暮らしやすさを誇り、待機児童ゼロ、女性就業率全国1位と子育て環境も充実しています。

記事掲載日: 2017年6月1日

福井県

地域の特徴

北陸地方最西端の県で、17の市町で構成されています。湿潤な気候が育む豊富な水資源と、越前の緑豊かな山々といった自然環境があります。日本海沿岸の豪雪地帯以外の地域は冬でも比較的暖かく、雪よりも雨の日が多いほど。また、福井で揚がる越前ガニは冬の味覚の王様と呼ばれ、カニ需要によって発展した温泉地も豊富です。

おすすめポイント

2016年度の幸福度ランキングで総合1位を獲得。有効求人倍率や、子どもの学力、子育て環境、持ち家比率の高さは全国トップクラスです。女性の労働環境も良いため、共働きを希望する家族には最適な移住先です。農・林・漁業や伝統産業、医療・福祉分野のほか、全国の生産量90%のシェアを誇る眼鏡産業などの産業分野での就業が期待できます。

福井県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

山梨県

地域の特徴

南に富士山、西に南アルプス、北に八ヶ岳、東に奥秩父山地と四方が山に囲まれています。県土の約8割が山岳地で、6つの自然公園があり、美しい景観と自然環境が自慢です。盆地特有の気温差が激しい気候であるため、果樹栽培が盛んで特産のブドウを使ったワインも有名です。東京圏からのアクセスも良く、さらなる利便性の向上が期待されています。

おすすめポイント

「移住希望地域ランキング2016」で1位を獲得し、“最後の理想郷”と呼ばれるほど人気の移住先です。都会に近く、自然にも近い山梨県は、全国からのU・Iターン希望者の就労・就農を支援しています。特に人気なのは、長野県に近いエリアで手間暇をかけて自然と共存する暮らしを楽しむ方が増えています。

記事掲載日: 2017年6月1日

長野県

地域の特徴

令制国名にちなみ、信州とも呼ばれる長野県は、世界に誇る雄大な大自然が特徴です。1998年に冬季オリンピックが開催された実績通り、冬はウインタースポーツを存分に楽しめます。また、信州そばやおやきなどヘルシーな郷土料理が多く、日帰り温泉の多さは日本一を誇るなど、自然とともに健やかに暮らす長野県は平均寿命の長さがトップクラスです。

おすすめポイント

山梨県と同じく、「移住希望地域ランキング」で常に上位をキープしています。U・Iターンの取り組みも積極的で、自治体と信州の企業が一緒になって経験豊かな専門職や技術者、様々な業種の方々を求めています。先輩移住者も多く、コワーキングスペースなどで長野で働くクリエイターや開業・起業者と知り合える機会も。

記事掲載日: 2017年6月1日

岐阜県

地域の特徴

日本のほぼ真ん中に位置。北部は標高3000mを超える飛騨山脈が連なり、南部には木曽三川が流れる、四季の変化に富んでいます。日本三名泉の下呂温泉をはじめとした温泉の宝庫で、世界文化遺産の白川郷や、戦国時代の激戦地・関ヶ原、長良川で行われる鵜飼など、昔ながらの観光地や伝統行事が残っています。名産品は飛騨牛、鮎、寒天など。

おすすめポイント

各務原市で航空や自動車産業に関連した金属加工の製造業、関市では刀剣類の製造業、東濃西部では全国シェア50%を誇る陶磁器の生産など全国屈指のモノづくりの町です。職人やクリエイターの移住も多いほか、農業や林業に就労する人も。各市町村がU・Iターンや移住の情報を発信しているので、移住したい地域を見つけてからの問い合わせを。

記事掲載日: 2017年6月1日

静岡県

地域の特徴

日本の東西主要都市を結ぶ中間地として独自の発展を遂げてきました。南は太平洋、北は富士山と、海、山、湖など多くの自然に恵まれています。暑すぎず、寒すぎず、過ごしやすい気候が特徴的で、温暖な気候を活かした茶葉やミカン、イチゴの栽培も有名。「伊豆の踊子(川端康成)」や「天城越え (松本清張)」など多くの小説の舞台になっています。

おすすめポイント

U・Iターン希望者や学生に向け、「静岡県庁があなたの就職を内定まで徹底サポートします!」と謳うほど、支援に意欲的。県外の居住者向けにイベントやセミナーを開催するほか、スカイプやメールなどで就職相談やエントリーシートの添削も行っています。アクティビティや創作活動に勤しみながら、ゆとりある地方都市生活を希望する人には最適です。

記事掲載日: 2017年6月1日

愛知県

地域の特徴

中部地方で最大の人口を擁する名古屋市が県庁所在地。戦国時代の三英傑、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の出身地で、家康が築城し、再建された名古屋城は愛知のシンボルです。独自の食文化を持つ名古屋グルメには、ひつまぶし、味噌煮込みうどん、モーニング文化があり、様々な食を楽しむことができます。

おすすめポイント

トヨタ自動車を筆頭に自動車関連企業が数多く存在。世界25位以内の国に相当する経済規模を有しています。自動車産業のほかにも航空宇宙産業やセラミックス産業、鉄鋼産業など日本を代表する企業がひしめいています。一方で、自然環境にも恵まれており東三河を中心に農林水産業も盛ん。U・Iターンの支援はこれから本格化する見込みがあります。

記事掲載日: 2017年6月1日

地域から選びなおす

徳島県

地域の特徴

四国の東部に位置し、瀬戸内海、紀伊水道、太平洋に面し、県土の8割が山地という自然豊かな県。400年以上続く、日本三大盆踊りの「阿波踊り」が開催される8月は、毎年130万人以上の観光客が訪れます。農林水産業が盛んで、地鶏の阿波尾鶏やすだち、鳴門金時が有名。鳴門の渦潮、剣山などの景勝や、アウトドアスポーツも楽しめます。

おすすめポイント

各市町村別の支援制度も充実しています。県下全域にブロードバンド環境が整っているため、IT企業などがサテライトオフィスを開設するなど、新しい働き方が期待できます。

徳島県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

香川県

地域の特徴

「うどん県」という愛称が定着。全国で最も面積の少ない都道府県ですが、特産品の讃岐うどんや、瀬戸内海の景観、観光客が増加している小豆島など魅力がいっぱい。岡山県とは瀬戸大橋で繋がり、高松空港はLCCも就航し首都圏からのアクセスも良好。うどんをはじめ、骨付鳥、ハマチ、オリーブ、和三盆などご当地グルメも豊富。

おすすめポイント

災害が少なく、医療や福祉も充実。アートや文化が豊かで子育てしやすい環境が評価されています。移住を検討する際は、まずはセミナーや体験ツアーに参加を。

記事掲載日: 2017年6月1日

愛媛県

地域の特徴

四国地方の北西に位置。瀬戸内海と宇和海に面し、気候にも恵まれています。美しい海や、大自然が織りなす渓谷美のある愛媛県は、生産量日本一のいよかんやキウイフルーツをはじめとしたフルーツ産業が盛んなほか、正岡子規や大江健三郎といった文学人も多く輩出した文化が息づく地域です。

おすすめポイント

大都会のような大手企業は少なくとも、世界的に認知されている企業や品質の良い農業など、魅力ある職探しに臨めます。


愛媛県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

高知県

地域の特徴

四国地方の太平洋側にあり、日本最後の清流といわれる四万十川をはじめ、四国山地から流れる清流に恵まれています。よく晴れるが雨が降るときは一気に降る気候が、あっけらかんとした土佐人の気質を生んだとか。エネルギッシュでパワフルな「よさこい祭り」は全国に波及し、坂本龍馬の故郷としても有名。カツオやマグロ漁業が盛んです。

おすすめポイント

“日本で最も「移住」に本気”と自負する県。情報発信の多様さや細やかなサポート対応でその本気度が窺えます。独自の技術で業績を伸ばす中小企業や医療分野のほか、県職員や地方公務員の求人もあります。初めて農業や漁業にトライする方へのサポート体制も万全。移住・交流コンシェルジュのフォローアップで移住後の暮らしが見えてきます。

記事掲載日: 2017年6月1日

地域から選びなおす

福岡県

地域の特徴

九州地方で最も人口の多い福岡市を擁しています。九州と本州を繋ぐクロスポイントとして、アジアを繋ぐ玄関口として栄えてきました。都会でありながら豊かな自然もあり、一年中快適に過ごせる気候が特徴です。あらゆるグルメが揃っており、特産物はもちろんラーメンやうどん、水炊き、もつ鍋、屋台グルメなど、まさに「食の宝庫」です。

おすすめポイント

イギリスで発表された「世界の住みやすい街ランキング」で7位にランクイン。有効求人倍率は全国平均をやや下回りますが、「グローバル創業・雇用創出特区」に指定された福岡市はベンチャー企業の立ち上げが盛んで、大型の公共事業も活発です。大都市と自然環境双方の魅力を兼ね備えた福岡県は、子育て世帯を中心に人気を集めています。

記事掲載日: 2017年6月1日

佐賀県

地域の特徴

玄海灘と有明海の2つの海に接し、なだらかな山々と平野が広がる自然に恵まれています。比較的温暖な気候ですが緯度の割に冬の寒さが厳しく、地域によっては梅雨や台風による水害被害に注意が必要です。佐賀県は古くから有田焼、唐津焼、佐賀錦など伝統産業が盛んで、イカや佐賀牛などのグルメも堪能できます。

おすすめポイント

U・Iターンを積極的に推進。伝統工芸が盛んな地域のため、職人や芸術家の移住も多いです。また、“子育てし大県さが”を掲げ、結婚~妊娠~子育てまで幅広い支援があり、子育て環境を求めて移住する人も。

佐賀県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

長崎県

地域の特徴

九州地方西端部にあり、五島列島、対馬、壱岐などの島嶼が900以上も存在する海に囲まれた県です。複雑な海岸線には湾や入江が多く、豊かな漁場にもなっています。鎖国下でも数少ない国際貿易港だったことから、ポルトガル、オランダといった西洋文化が今も色濃く残っています。名物は長崎ちゃんぽん、カステラ、からすみなど。

おすすめポイント

有効求人倍率は全国平均より下回りますが、サービス業や地元に根付いた中小企業、民間企業等の経験者を対象にした県職員採用があります。移住を勧めるユニークなイベントを多数開催しており、女性限定のU・Iターンカフェイベントや、移住希望者用のお試し住宅の建設も。

長崎県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

熊本県

地域の特徴

九州地方の中央に位置し、3つの異名を持ちます。まず、世界に誇るカルデラを持つ阿蘇をはじめ、県土の約6割が森林であることから“森の国”。生活用水の約8割を地下水に頼れるほど豊富な湧き水があることから“水の国”。そして、70カ所を超える温泉地の数から“火の国”と呼ばれています。全国有数の農業県で、名物は車エビや馬刺しなど。

おすすめポイント

「くまもと暮らし安心・移住促進プロジェクト」を立ち上げ、県外からの現役世代・高齢者の移住希望者の地域還流を促進しています。また、一定期間熊本に滞在し、働きながら地域の人達との交流や学びを体感できる「ふるさとワーキングホリデー」も実施。2016年に起きた熊本地震の影響も懸念されますが、U・Iターンが復興の一助となるかもしれません。

記事掲載日: 2017年6月1日

大分県

地域の特徴

別府温泉や湯布院温泉など、源泉数・湧出量とも日本一。地熱発電をはじめ、栽培や養殖、食文化、美容、医療に至るまで温泉とともに暮らしている地域です。地理的条件で気候は複雑ですが、年間気温は全国平均よりやや高めです。生産量日本一の干しシイタケやかぼすのほか、関あじ、関さばや城下かれいといったブランド魚が有名です。

おすすめポイント

前県知事が提唱した「一村一品運動」が盛んで、各地で特産品を生み出そうと農林水産業や加工産業が活況です。求人はハローワークやおおいた産業人財センターなどで相談ガイダンスを行っており、企業や就農を検討している場合も各窓口が対応しています。また、「子育て満足度日本一」を目指してきめ細かい支援も行っています。

記事掲載日: 2017年6月1日

宮崎県

地域の特徴

九州の南東部に位置し、一年を通して温暖な気候の地域です。「日本のひなた宮崎県」というキャッチフレーズを掲げています。温暖な気候を利用した農業が盛んで、きゅうり、ピーマン、しいたけのほか、宮崎マンゴーはブランド品とされ首都圏でも親しまれています。かつては新婚旅行のメッカで、現在もプロ野球やJリーグのキャンプ地として有名。

おすすめポイント

全国有数の農業県で、第1次産業の就業者比率が高く、農林水産業への参入を歓迎しています。そのほか、企業への就職や起業も県が中心となって支援しています。宮崎県は日本一物価が安く、通勤・通学時間が日本一短いといわれており、温暖な気候、人柄のあたたかさ、自然とともに流れるゆったりとした時間が移住して得る大きなメリットです。

記事掲載日: 2017年6月1日

鹿児島県

地域の特徴

屋久島や奄美群島など魅力ある離島が県総面積の約3割を占めています。気候は平均気温が18.5℃と、沖縄に次いで全国で2番目に暖かく、暮らしやすい地域です。桜島などの火山や豊富な温泉、世界遺産の屋久島、種子島宇宙センターなど、様々な面で多彩な資源を有しています。名産は生産量日本一のさつまいもで、いも焼酎の聖地とも呼ばれています。

おすすめポイント

U・Iターンを希望する場合は、「鹿児島県ふるさと人材相談室」へ登録すると、東京・大阪・鹿児島にある相談窓口で様々なガイダンスを受けることができます。就業や起業、農林漁業を行いたい方への支援や、住まいのサポートも充実。体験施設に宿泊し、移住を考えている市町村の田舎暮らしを手軽に体験することもできます。

鹿児島県U・Iターン情報 リンク集

記事掲載日: 2017年6月1日

沖縄県

地域の特徴

日本で最も西に位置する県であり、本島を中心に360以上の島々から構成されています。青い海、白い砂浜、広い空、そして日本に居ながらにして感じる外国の雰囲気に、一度は旅行で訪れた経験がある人も多いはず。個性的な食材を用いて作られる琉球料理や、独特の言葉、自然美溢れる景勝は沖縄でしか味わえないものばかりです。

おすすめポイント

沖縄では観光・サービス業の求人が多くありますが、非正規雇用が多いのも実情です。しかし、人手不足の医療職や、成長産業である情報通信業、金型製品業などの分野では求人需要が増加。また、新たな事業展開を目指す中小企業者や、創業を目指す方への支援も手厚いです。

記事掲載日: 2017年6月1日

地域から選びなおす

無料個別相談 受付中!

U・Iターンって何?実際どうなんだろう、メリットデメリットについてもう少し聞いてみたい。
他の人がどうしているか知りたい、なんでもご相談に乗ります!ぜひお問い合わせください

リンク掲載のお問い合わせはこちら

自治体などのU・Iターン特集サイトへリンクを掲載いたします。
ご希望の方は、ぜひお問い合わせください。

U・Iターンの魅力

U・Iターンとは?

Uターン

Uターンとは、進学や就職で今の居住エリアに移住したのち、生まれ育った出身地のエリアに戻り転職することです。

Iターン

Iターンとは、今の居住エリア以外で就職することです。特に首都圏で生まれ育った人が、地方での暮らしに魅力を感じ、地方に移住して転職することを言います。

その他、地方から大規模な都市へ移住したあと、地方付近の中規模な都市へ生活の場を移す
Jターンなど、多種多様な移住のカタチが新たに生まれています。

U・Iターン開業のメリット

  • 開業に必要なコストを抑えられる

    首都圏などと比較すると、店舗物件の家賃やアルバイトの人件費、材料の仕入れコストなど、開業に必要なコストを相対的に少なく抑えることが可能です。また全国の各地方自治体は、U・Iターンを希望する方への相談窓口を設け、受け入れるための活動を積極的にしています。U・Iターン者向けに空き店舗の改修・改装に対する助成金・補助金を出すなど、その地方独自のさまざまな制度が活用できるのも大きなメリットです。

  • 地域とのつながりが大きな糧に

    U・Iターンをして開業する際には、同じ商圏に競合店がない業態を選ぶ、または競合店から離れたエリアを選ぶこととなるでしょう。その地域のニーズ、問題点をしっかり掴み、お客様から望まれる商品、サービスを提供することで地域の活性化に貢献できます。店舗の近隣に住む人々のためになっている、意義のある開業となっているという意識は、長く働く上での大きな”やりがい”に。

  • 快適な環境で仕事ができる

    Uターンの場合は、人口や客層、地域のニーズや人の流れなど、そのエリアをよく知っているという条件的なメリットのほか、Iターンの場合であっても、何かとストレスが多い都会と比べると、通勤時間の短縮など快適になる点は多くあります。時間に追われがちな都会を離れ、新鮮な気持ちで仕事に取り組めます。またU・Iターンをして開業する場合、自分のライフスタイルに合わせた事業形態を選択できる点も大きなメリットです。

経験者の声

経験者の声をさらに見る

無料個別相談 受付中!

U・Iターンって何?実際どうなんだろう、メリットデメリットについてもう少し聞いてみたい。
他の人がどうしているか知りたい、なんでもご相談に乗ります!ぜひお問い合わせください

リンク掲載のお問い合わせはこちら

自治体などのU・Iターン特集サイトへリンクを掲載いたします。
ご希望の方は、ぜひお問い合わせください。

U・Iターン 助成金情報

官公庁や全国の各自治体から出されている助成金や補助金の情報を掲載しています。
条件が合致すれば、店舗の開業や運営に活用できるものが多数あります。資金調達の一助としても有効です。

注目の補助金・助成金情報

助成金情報をもっと見る

無料個別相談 受付中!

U・Iターンって何?実際どうなんだろう、メリットデメリットについてもう少し聞いてみたい。
他の人がどうしているか知りたい、なんでもご相談に乗ります!ぜひお問い合わせください

リンク掲載のお問い合わせはこちら

自治体などのU・Iターン特集サイトへリンクを掲載いたします。
ご希望の方は、ぜひお問い合わせください。

PAGETOPへ