お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/07/12

復興にはコミュニティが必要。地元の人たちと立ち上げた特別な食堂。

震災復興活動で福島に入ったのが転機。この場所で「産業をつくる」が自分のテーマ。

  • 押田 一秀/報徳庵

東日本大震災の翌年、復興のためのコミュニケーションの場として福島県相馬市にオープンした報徳庵。そのメンバーのひとり、現在は同店オーナーである押田一秀さんに、この店がある意味・意義などを伺いました。

押田 一秀

1981年埼玉県さいたま市出身。本業はウェディングプロデューサー。東日本大震災をきっかけに、さまざまな復興支援に寄与。現在は、福島県相馬市が拠点。その活動経験から、地域コーディネーターとして全国各地で講演なども行っている。

報徳庵https://ja-jp.facebook.com/hotokuan/
福島県相馬市中村字塚田62-72

震災の翌年に、復興の礎として開業した食堂。料理は地元の食材を使用、福島県相馬市の名産品なども販売。地域コミュニティの活性化をテーマに、ライブイベントなどを定期的に開催している。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ