お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

飲食店開業の流れ

飲食店開業マニュアル

飲食店開業までの手順をわかりやすくマニュアルで解説!
初めて飲食店で独立開業する方もぜひこのサイトをお役立てください。

[資金]無料セミナー・無料個別相談の活用

悩むより行動!専門家を味方につけよう

飲食店の開業相談を利用しよう

 このサイトでもご紹介しているように、飲食店開業における事業計画にはいくつもの「基準値」や「適正値」というものが存在します。しかし、最終的には事業計画は事業の数だけ存在するもの。全ての飲食店計画に「万能」と言えるものはありません。あなたが開業する飲食店に合わせ、しっかりとリアリティある計画にしつつ、客観的に見てもバランスが良いプランにするには、セオリーを当てはめるだけでなく個別に計画をブラッシュアップすることが大切です。

 そこで活用したいのが「専門家による個別アドバイス」です。開業に関するアドバイスを専門的に行なう、いわゆる開業コンサルタントは数多くの開業支援を手がけ、なおかつその後のビジネス状況の把握もしています。つまり、計画段階でどこまでしっかりと考えれば経営が軌道に乗りやすいか…も豊富な実績や経験からわかっているため、飲食店開業時の資金調達サポートだけでなく、失敗しない経営プランの策定にも役に立つといえるでしょう。

気になる費用は?

 飲食店の開業時には物件取得や内外装工事をはじめ、多くのコストがかかりますので、余計な支出は避けたいところです。ただ、自分だけで考えて失敗するよりも開業コンサルタントに相談することで資金調達や開店後の経営がスムーズに進むならそれは「無駄」とは言いません。特に初めて飲食店を開業する方にとっては客観的に経営を見れるパートナーは重要な存在です。かけるべき費用はかけて、力強く経営していきましょう。

 さて、気になる開業相談やコンサルティングにかかる料金・費用ですが、ここは一概には言えません。初回相談で料金が発生することあまりありませんが、料金発生のタイミングはしっかりとチェックしておきましょう。大きく分けると「① 2回目以降料金発生型」「② 資金調達額に応じた成功報酬型」「③ 経営後の月額料金型」に分かれます。「① 2回目以降料金発生型」は開業までのコンサルティングを一式と捉え、そのものに対して料金が発生します。「② 資金調達額に応じた成功報酬型」は資金調達に重きをおいたコンサルティングで、例えば「融資額の3%」を料金とした場合、1000万円を金融機関で調達したならその3%にあたる30万円を料金として支払うという仕組みです。「③ 経営後の月額料金型」は税理士事務所等に多く、経営後の継続的な取引をする代わりに資金調達時のサポートを割安で利用できる場合もあります。
 少し宣伝させていただくと、本サイト『canaeru(カナエル)』ではこのいずれでもなく、利用は完全無料です。元金融機関の融資担当者による資金調達の個別アドバイスや、約60万店の業務店とのお取引によって蓄積した飲食店経営ノウハウを蜜にアドバイスできますので、ぜひご活用ください。

開業コンサルタントに相談するタイミング

 結論からお話すると、早いに越したことはありません。しかし、「何をやりたいかわからない」と相談されても開業コンサルタントはそこから寄り添っていけるわけではありません。飲食店の開業を決意し、自己資金がある程度準備でき、何をやりたいかは定まっている…というレベルであれば相談のベストタイミングです。事業計画でしっかりと考えるべきタイミングで客観的な意見を参考にしながら現実的なプランに組み上げていけば、金融機関での融資審査通過の可能性が高まることはもちろん、その後の経営においても有意義でしょう。

まとめ 「悩むより行動!専門家を味方につけよう」
  • ・初の開業は誰でも「素人」!専門家への相談も活用しよう
  • ・費用の発生タイミングは様々。料金だけでなく重視すべき利用用途も考えよう
  • ・構想の大枠ができたらもう相談タイミング。早めに行動しよう

無料個別相談 受付中!

canaeru(カナエル)は計画から開業まで、どの段階でも個別相談できる『リアルサポート』が魅力です。
しかも個別相談や開業サポートは無料!ぜひご活用ください。

次に読みたい記事

日本政策金融公庫の活用②

1つ前の記事に戻る

会員限定

資料ダウンロード

開業に役立つ資料を会員限定で公開中。

開業のリアルな声を綴った本

\ 無料・カンタン 10秒登録 /

会員登録してダウンロード

PICK UP POSTおすすめ記事

PAGETOPへ