お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • 起業の資金集めはドラマみたいにうまくいくのか?起業資金はパッションで集まるのか?【起業のための資金調達まとめ】

2018/11/15

起業の資金集めはドラマみたいにうまくいくのか?起業資金はパッションで集まるのか?【起業のための資金調達まとめ】

いざ、開業・起業をしようとした時の最大の関門が「資金調達」ではないでしょうか。
お店を開くとなったら、ピンキリではありますが、何千万円といった資金が必要になってくると考えた方がいいからです。
その額を自己資金だけで賄えればいいですが、当然自己資金だけでは足りない!という方が大半でしょう。
一般的に自己資金に加えて、銀行や金融公庫といった金融機関からお金を借り、ようやく開業にたどり着きます。
飲食店の起業・開業にいったいどのぐらいのお金がかかるのか、そして、どのようにして資金を作るのか、どこから資金を借りればいいのかなどを知っていくことは、起業・開業を目指す方々にとってとても大切なことです。
「資金調達」にまつわる記事をまとめて紹介します。

飲食店開業時はいくら資金調達をすればいいのか?

それでは、飲食店を開業する際はどのぐらいの資金がかかるのでしょうか。
例えば物件なら「契約日からの家賃を払えばいいんでしょ?」と思っている方も多いはずです。
しかし、実際には保証金や居抜きなら設備を譲り受けるための費用もかかります。
もちろん、それ以外にも手数料や地域によっては礼金など多くのお金が必要になってきます。
また、物件問題をクリアしたとしても、今度はお店の内装、外装費にお金がかかります。
スケルトン物件なら内装、外装費に、さらなる資金がかかることになるでしょう。
このようなことから、自…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ