お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/09/07

開業時の融資額はいくらが適切なのか【資金調達】

開業時の資金調達のために融資を受けようと考える人が多いのではないでしょうか。しかし、いったいどれほどの融資額を受ければ開業できるのか、どれくらいであれば返済できるのでしょうか。

【資金調達】の記事

>>開業する人は皆使っている!日本政策金融公庫とは?
>>起業後に追加で融資は受けられるのか

資金調達の際に重視するところは?

まず資金調達をしようと思った時、金融機関はどういった点を見ているのでしょうか。ポイントをいくつか挙げてみました。

業歴

これは創業してから、何年経過しているかということ。これから開業しようとしている場合は、創業前とカウントされます。業歴は融資商品に制限が明記されているため、まずチェックすべきポイントです。

財務状況

債務超過で返済が困難であるとされた場合、当然ですが金融機関は融資に応じてくれません。また、融資を受けることができたとしても、財務状況によっては希望の満額の融資を受けられないというケースもあります。

納税状況

法人税や事業税はもちろん、源泉税や消費税まできちんと納めているかが重要となります。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ