更新日:

開業資金はどこから融資を受ける?必要な費用とその内訳

開業資金はどこから融資を受ける?必要な費用とその内訳

初めて事業を開始する方にとって、最初の課題となるのは開業資金の調達です。これまで新規開業に携わった経験がないと、戸惑うことも多いでしょう。

本記事では、以下のような疑問にお答えしていきます。


  • 開業資金はどのくらい準備するべき?

  • 開業資金の内訳は?

  • 開業資金の調達方法は?


開業を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。最後まで読むことで、開業資金に対するイメージが明確になるでしょう。

開業資金の平均額は1,077万円

事業者の取り組みを支援する「日本政策金融公庫」の調査によると、2022年度における開業費用の平均値は1,077万円でした。2020年、2021年と連続して開業費用の平均額は1,000万円を下回っていましたが、2022年度に再び上昇する結果が出ています。

ただし、この数値は「開業費が高額な業種」と「開業費が少額な業種」が混在しているため、どの事業においても1,000万円の開業費が必要とは言えません。開業費用を金額別に「500万年未満」「500万〜1,000万円未満」「1,000万〜2,000万円未満」「2,000万円以上」の4つに区分すると、「500万円未満」の割合が全体の約4割。一部の業種が平均値を押し上げているものの、実際は「500万円未満」で開業する層が多いようです。

参照:日本政策金融公庫|2022年度新規開業実態調査

代表的な開業資金の調達方法6選

開業資金の調達方法として代表的なものは、以下の6つです。


  • 親族や友人からの融資

  • 日本政策金融公庫からの融資

  • 金融機関からの融資

  • 民間企業からの融資(ビジネスローン)

  • クラウドファンディングでの調達

  • 補助金・助成金制度の活用


開業資金の内訳や目安額を把握できても、実際に準備できなければ意味がありません。高額な資金が必要になれば、自己資金で賄いきれないケースがほとんどでしょう。この項目を参考に、自分に適した調達方法を考えてみてください。

代表的な開業資金の調達方法6選

日本政策金融公庫からの融資

メリットデメリット
・無担保 / 無保証で借り入れできる
・創業者のための融資プランがある
・審査や面談が発生する
・金利が発生する(年1.87〜3.30%)

日本政府が出資する「日本政策金融公庫」では、新規開業者を対象とした「新創業融資制度」を提供しています。新創業融資制度は、担保が不要なほか、第三者の保証を付けずに借り入れできる制度です。事業の企画段階でも融資を受けやすく、多くの開業者が利用しています。

新創業融資制度の融資限度額は3,000万円(うち運転資金1,500万円)。開業前に高額な資金調達を要する場合でも、十分な枠が用意されています。ただし、事業開始前から融資を受けられる反面、金利は若干高めに設定されている点は留意しておきましょう。

融資を申し込む際は、事業計画書の作成や面談対策をしっかり行っておくと通過率が高まります。

関連記事:開業融資の定番!日本政策金融公庫の『新創業融資制度』

金融機関からの融資

メリットデメリット
・事業成長のサポートを受けられる
・高額な資金調達が可能
・融資実行のハードルが高い
・保証人が必要になることもある

地方銀行や信用金庫でも、個人事業主・法人向けに融資を行っています。限度額や金利は一律で決まっておらず、審査結果によって変動するケースが一般的です。

金融機関からの融資実行後は、経営アドバイスを受けられたり、協業パートナーを紹介を受けられたりすることもめずらしくありません。資金調達だけでなく、総合的なサポートを受けられる点は大きな強みです。

創業支援が目的の日本政策金融公庫とは異なり、金融機関の融資は実行までのハードルは高めに設定されています。事業実績がない開業段階では、審査を通過する可能性は低いと考えておきましょう。ただし、信用保証協会が提供する保証制度の利用を条件に融資を受けられることがあるので、一度窓口で相談してみるのもおすすめです。

親族や友人からの融資

メリットデメリット
・審査や面談を行う必要がない
・少ない利率で借り入れできる
・金銭トラブルにつながりやすい

親族や友人に借り入れの相談ができる場合は、資金調達における有力な選択肢となります。審査や面談を行わずにスムーズに進行できるだけでなく、低利率で借り入れできる点は大きなメリットです。親族や友人であれば、細かい条件も話し合って決めることができます。

ただし、個人間の借り入れは金銭トラブルにつながりやすいため、必ず契約書を締結しましょう。トラブル防止のために、専門家が作成し、状況に適した書式を用いることがポイントです。

ビジネスローン

メリットデメリット
・融資実行までの期間が短い
・審査が甘い
・金利が高い
・融資限度額が小さい(個人の場合〜1,000万円ほど)

ビジネスローンとは、銀行や消費者金融が提供する金融商品の一つです。「事業用途に利用できるローン」と考えるとわかりやすいでしょう。ビジネスローンは融資実行までの期間が短く、1週間以内に着金されることがほとんどです。審査も比較的ゆるい傾向があり、面談が不要になることもめずらしくありません。

ただし、融資条件がゆるい反面、金利は非常に高額です。消費者金融では、多くの場合、法定金利である年利15〜18%が設定されています。融資限度額も小さく、個人の場合は最大でも1,000万円ほどが一般的な上限額です。

ビジネスローンは、ほかの資金調達がうまくいかない場合の緊急策と考えておくのがよいでしょう。

クラウドファンディングでの調達

メリットデメリット
・気軽に資金調達を実施できる
・返済が不要(融資型を除く)
・資金調達に時間がかかる
・事業を方向転換するのが難しい

クラウドファンディングでは、一般個人から出資を募って資金調達を行います。個人規模の資金調達でクラウドファンディングを行う場合は、出資者に対して特別なサービスや割引をリターンに設定する「購入型クラウドファンディング」を実施するのが一般的です。大掛かりな資金調達を行う場合は「融資型」や「投資型」で実施するケースもあります。

クラウドファンディングはリスクが少なく、開業前から一定の宣伝効果を見込める資金調達方法です。一方で、着金するまでの期間は長く、掲載開始から数か月程度を要します。

事業開始までの期間にゆとりがあり、大衆から支持を得られるような事業プランをお持ちの場合は、クラウドファンディングに登録してみるのもよいでしょう。

補助金・助成金制度の活用

メリットデメリット
・返済が不要
・書類審査のみで受給できる(補助金)
・必要書類が揃えば受給できる(助成金)
・原則として後払い
・使用用途が限られる
・経費の一部しか補助されない(補助金)

国や自治体は、労働者の環境整備や企業の事業推進を目的として「補助金」や「助成金」を交付しています。これらの制度は基本的に書類のみで審査が行われ、面談は不要です。借り入れではないため、返済がいらない点も心強いポイントです。

代表的な補助金・助成金は以下のものが挙げられます。

  • 創業助成事業|東京都

  • 特定求職者雇用開発助成金|厚生労働省

  • ものづくり補助金|中小企業庁


それぞれ目的が異なっており、交付意図に沿った経費に使用可能です。また、原則として交付は経費を支払った後に行われます。この点を踏まえて、補助金や助成金は二次的な資金調達手段として捉えるとよいでしょう。

関連記事:開業するなら助成金を活用しよう!おすすめの制度や利用する際の注意点など解説

開業に必要な費用の内訳

項目金額の目安
テナントの敷金・礼金や保証金・敷金・保証金:賃料の10か月分前後
・礼金:賃料の1〜3か月分
・前家賃:2か月分
・仲介手数料:0.5〜1か月分
・保険料:数万円
総額:賃料15か月分ほど
内装工事・リフォーム費用

内装工事・リフォーム費用
1坪あたり20〜50万円

パソコンなどの電子機器の費用パソコン:1台10〜20万円前後
プリンター:1台2〜5万円前後
通信回線などの工事費1〜4万円前後
デスクなどの備品の購入費数万円(揃える備品により変動)
ホームページの制作費10万円〜(制作内容により変動)

この項目では、多くの業種に共通して発生する開業費の内訳を解説します。細かい金額は業種ごとに異なりますが、大まかな目安として参考にしてみてください。

開業に必要な費用の内訳

物件に関連する費用(敷金・礼金・保証金など)

店舗やオフィスを借りて事業を始めるのであれば、テナントの敷金・礼金や保証金がかかります。
保証金の相場は東京都内の場合、賃料10か月分と高額になるため、初期費用としてまとまった金額が必要です。

また、物件によっては仲介手数料や前家賃などがかかる場合もあります。テナント物件はオフィス物件よりも諸費用が高額になる傾向があるので、覚えておきましょう。

内装工事費

会社や店舗のコンセプトに合わせた空間づくりに欠かせない内装工事。こだわりを詰め込むほど、費用が膨れ上がってしまう費用ともいえます。施工内容やデザインによって大きく変わるので予算と照らし合わせて考えましょう。

相場は業種によって異なりますが、特に飲食店や美容室などは1坪あたり20万円ほどが相場です。

内装工事費を抑えたい場合は、元々同じ業種で使われていた「居抜き物件」の契約も視野に入れて考えるのもおすすめです。
内装をそのまま譲り受けられたり、空調や水回りの工事が不要になったりするので大幅に施工費を抑えられます。

関連記事:居抜き物件で開業するメリット・デメリットを紹介!物件探しのポイントも解説

通信回線などの工事費

オフィスはもちろんのこと、近年は店舗の会計レジもインターネットに接続して管理するシステムが一般的です。そのため、店舗やオフィスには、Wi-Fiなどのインターネット回線を開通する必要があります。

通信回線の工事費の相場は、1.5万円〜4万円程度です。業者により工事費が異なるため、事前に確認しておくとよいでしょう。安定した回線環境が必要な業態では、工事費や毎月の通信費だけでなく、安定性や評判もチェックするのがおすすめです。

広告宣伝費

お店をオープンする際には新規集客のための宣伝も重要です。
例えば飲食店の場合、公式ホームページを作成したりグルメサイトに掲載する費用が広告宣伝費に含まれます。インフルエンサーにPRを依頼する場合も同様です。

ただ、開業当初は費用を抑えたい場合はInstagram、TikTokなどのSNSを使って発信することも一つの手段です。Googleマイビジネスを使ってマップ上に表示するという手段も費用がかからないので、ぜひ検討してみてください。

関連記事:【飲食店開業】SNSやWEBサイトの活用術
関連記事:集客に効果を発揮する「MEO対策」とは? 飲食店はGoogle マップの上位表示を狙え!

開業の際は「運転資金」も準備しておこう

 開業の際は「運転資金」も準備しておこう

運転資金とは?

運転資金とは、仕入れ代や人件費など、毎月の支出を賄うために必要な資金を指します。

飲食店のような現金商売であれば、常に売上金が手元に入るでしょう。しかし、キャッシュレス決済が普及した昨今は、現金売上の比率が減少傾向です。自宅で開業するWeb系の職種でも、多くの取引先は入金まで15日〜1か月以上の期間を設けています。

このような事情を考慮すると、売上の入金よりも経費の支払いが先立つケースは珍しくありません。運転資金が不足していると、売上があるにもかかわらず資金が回らなくなる「黒字倒産」につながっていくのです。また、開業初期から黒字を出せるとは限らないため、スタート段階での運転資金は必ず準備しておきましょう。

運転資金の内訳

運転資金は「固定費」と「変動費」に大別されます。固定費は毎月の売上高にかかわらず発生する諸経費。変動費は、売上高と連動して発生する諸経費です。

【固定費と変動費の主な項目】

変動費固定費
・人件費
・店舗や事務所の賃料
・水道光熱費
・備品リース代
・保険料
・商品の仕入れ代
・外注費(外部業者への委託)
・消耗品費(備品購入など)
・交通費など都度発生するもの

変動費は売上高に応じて変動するため、まずは固定費を目安に運転資金の必要額を算出するとよいでしょう。また、売上金の入金スパンが長い場合は、変動費を賄うための運転資金を多めに見積もっておくのがポイントです。

準備する運転資金の目安は3〜6か月分

運転資金は「毎月の支出の3〜6か月分」を目安に準備しておきましょう。変動費の少ない職種であれば3か月分程度、飲食店など変動費の高い業種であれば6か月分程度が目安です。

また、運転資金の中には「自分の生活費」も組み込んでおきましょう。最低限生活できる資金を確保することで、軌道に乗るまでの期間も焦らず事業に集中することができます。

開業資金の調達を成功させるためのポイント

開業資金の調達を成功させるためのポイント

事業計画書を作り込む

開業資金の調達を成功させるためには、練り上げられた事業計画書が必要不可欠です。特に、金融機関や日本政策金融公庫の融資では、事業内容を厳しくチェックされます。

事業計画書を作成する際は、以下の項目を可能な限り詳しく記載しましょう。


  • 具体的な事業内容

  • 顧客ターゲット

  • 将来的な展開プラン

  • 市場調査の情報

  • 考えられるリスク


根拠を添えてしっかり説明できていると、融資担当者の評価を得やすくなります。また、面談に同席していない担当者にも伝わるよう、書面だけで理解できる内容にするのもポイントです。

関連記事:事業計画書とはどんなもの?書き方や作成する目的を解説

開業手続きをキチンと行う

開業資金の調達を行う際は、事前に必要な手続きをすべて済ませておきましょう。


  • 開業書類の提出

  • 許認可の取得

  • 資格の取得


特に、事業開始に必須となる許認可や資格の取得は重要です。融資を申し込む際に取得状況を説明できる状態でなければ、担当者の信頼を大きく損ないます。

各種手続きが進んでいることがマイナス評価になることはないので、可能な限り準備を整えたうえで資金調達に臨みましょう。

関連記事:個人事業主として開業するには?必要な手続きと流れを解説

【無料】開業資金の調達は「canaeru」にご相談ください

開業資金の調達は、どのような業種においても重要度の高い要素です。まずは必要な金額を正確に算出し、目標額を調達するためのプランを綿密に練る必要があります。開業後の運営にも関わることなので、あいまいな計算をせず時間をかけて計画を練りましょう。

なお、「canaeru」では経験豊富な開業コンサルタントによる無料開業相談を実施しています。これから開業資金の調達を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。担当コンサルタントが誠心誠意アドバイスいたします。

無料開業相談はこちら

この記事の監修

株式会社USEN/canaeru 開業コンサルタント

○会社事業内容
IoTプラットフォーム事業・音楽配信事業・エネルギー事業・保険事業・店舗開業支援事業・店舗運用支援事業・店舗通販事業。

○canaeru 開業コンサルタント
銀行出身者、日本政策金融公庫出身者、元飲食店オーナーを中心に構成された店舗開業のプロフェッショナル集団。
開業資金に関する相談、物件探し、事業計画書の作成やその他の店舗開業における課題の解決に取り組む。

canaeruは年間300件以上の開業サポート実績!

メールアドレスの登録で
開業までのサポート完全無料で受けられます!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

無料会員登録でできること
① 「日本政策金融公庫」の創業融資をはじめとする資金調達の相談が出来る!
② 開業時に必要な事業計画書の作成サポートが受けられる!
③ 店舗開業や運営に関するさまざまな疑問点・お悩みを何度でも相談可能!
※ 金融機関出身者、元飲食店オーナーら店舗開業のプロが対応します

PAGETOPへ