投稿日:更新日:

コロナで変わる「事業計画書」…必須項目8点とこれからの開業に必要なもの

「事業計画書」は資金調達のためのパスポート…必須項目8点を抑える_記事画像

銀行や日本政策金融公庫から融資を受けたり、ベンチャーキャピタルから資金調達を受ける際に必要とされる資料、それが事業計画書です。
新しくビジネスをスタートさせる際に、物件探しや人材集めももちろん重要ですが、絶対不可欠なのが「資金集め」。
その資金集めに直結する事業計画書には、熱意や事業の魅力をいかにロジカルに、そして明快に伝えられる資料になっているかが大事なポイントです。
相手に事業資金を融資してもらえるような説得力のある資料にするために、どのようなことに気を付けるべきか解説します。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ