お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 【特集:つぶれる店】10年後も残っている確率は3%・・開業の難しさを知る

2017/05/11

【特集:つぶれる店】10年後も残っている確率は3%・・開業の難しさを知る

独立・起業・開業が成功する確率はどのくらいあるのでしょうか?これは成功の定義にもよりますし、事業の規模や業種によっても異なるので一概に何%と表現するのは難しいかもしれません。
しかし、新しく開業した会社はわずか1年で40%しか生存していないというデータがあります。さらに5年も経つと85%の企業が倒産、そして10年後も残っている確率は3%以下だと言われています。では、失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?

身の丈を考えないお金の投資は厳禁

多くの方が、一等地に事務所を構えたり、出店を増やしたいと考えますが、当然ながら家賃は高くなります。そしてお店が流行ると人件費が必要になります。
また、ヒット商品が生まれても、流行というものには必ず終わりがあり、ブームが過ぎ去った後には在庫の山が……。多額の家賃が払えず、最後には従業員の給料も滞るようになってしまうかもしれません。
身の丈にあった投資額で、ビジネスをする必要があることは誰にでもわかることでしょう。

つづきをよむ→

会員登録をすると
続きをご覧いただけます。

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ