お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • 【特集:つぶれる店】10年後も残っている確率は3%・・開業の難しさを知る

2017/05/11

【特集:つぶれる店】10年後も残っている確率は3%・・開業の難しさを知る

独立・起業・開業が成功する確率はどのくらいあるのでしょうか?これは成功の定義にもよりますし、事業の規模や業種によっても異なるので一概に何%と表現するのは難しいかもしれません。
しかし、新しく開業した会社はわずか1年で40%しか生存していないというデータがあります。さらに5年も経つと85%の企業が倒産、そして10年後も残っている確率は3%以下だと言われています。では、失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?

開業の準備にしっかりと時間をかける

会社勤めのサラリーマンが開業する場合は、自分の意思だけでいきなり始められるというものではありません。例えば、後任のポジションが育っていない場合には、開業したくても簡単にはやめられない可能性もあります。
まずは、「開業したい」と決めたのであれば、開業の準備段階として以下の3つにきちんと取り掛かっておく必要があります。
・家族への報告と承認
・現在の仕事を辞めるタイミングの確認と報告
・開業に向けた情報収集
開業するということは、収入が保証されていないため、大切な家族に迷惑をかける可能性があります。…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ