お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/01

多店舗経営のメリットとデメリット

念願の店舗開業を果たした後、順調にリピーター顧客を増やし、売り上げも黒字を重ねるようになると考えたいのが2号店の開業。つまり多店舗経営への展開です。
店舗を増やすことは多くの起業家の夢でもあり、事業の拡大に重要なステップとも言えますが、同時にデメリットも潜んでいるものです……2号店を出店することで得られるメリットとは?


メリット1:認知度とブランド価値の向上


最大のメリットは認知度の向上です。2店舗目がオープンすれば、地域内での認知度も向上し、お客様に安心と信頼を与えられます。また、別地域にオープンさせることで、新規顧客を獲得できます。いずれもブランドとしての価値が向上し、認知度もアップ。相乗効果で1店舗目の売上も上がるため、大きなメリットになるでしょう。

メリット2:スケールメリット

店舗が増えれば、仕入れの量が増加し、単価も安くなる場合があります。これを「スケールメリット」と呼びます。例えば町の小さなカフェと、多店舗経営しているカフェでは、同じ材料や食材でも仕入れ値がまったく異なります。それが、価格にも反映されるわけです。

ロット数を増やすと1点当たりの割引率が高くなることがほとんど。つまり2店舗目、3店舗目と増やしていくことで仕入れる商品の量が増えるため原価率を抑えることに繋がります。これは食材などだけでなく、定期的に補充が必要な什器や備品、さらには制服などのレンタル料など…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ