お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/11/14

保存版!年末年始のアルバイトシフト攻略法

クリスマスや忘年会などイベント・行事が続く年末年始。飲食店にとっては、一番のかき入れ時ですが、そこで悩ましいのがアルバイトのシフト調整。このような繁忙期のシフトは、どのように調整すればよいのでしょうか?

年末年始のアルバイトの強制シフトが数年前話題に

数年前、ある企業がアルバイトに向け、年末年始のシフトについて喚起した張り紙の画像がツイッターで投稿され、その内容が「ブラック過ぎる」と、大きな話題を呼びました。
張り紙の内容とは、「正月なので忙しいです。始めの面接の時も入れるか聞いています。
そもそも大型連休入れない子は採用しません」「家族と一緒に、友達と一緒に、地方の子であれば実家に帰る等、この様な理由であれば許可しません」などと呼びかけたもので、年末年始に休日を取りたいと申し出たアルバイトのスタッフに対して、そのようなことは認めないと告げる内容です。
大きな波紋を呼んだ、この「年末年始のアルバイトの強制シフト」問題。
ネット上では賛否両論、意見が分かれました。
では実際、このようにしてアルバイトのシフトを強制的に組むことは可能なのでしょうか?

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ