お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • 1人で独立開業するビジネスは廃業まで3年が多い?失敗する経営者に共通するものとは?

2018/11/22

1人で独立開業するビジネスは廃業まで3年が多い?失敗する経営者に共通するものとは?

独立・開業・起業し、飲食店などのお店を開業することは、「自分の夢をカタチにして儲ける」というファンタジーなことです。
その夢の仕事を継続させるためには、自分オリジナルの〇〇〇〇・・・例えば、おいしいパンケーキならそのパンケーキ、これを未来永劫、変わらず提供し報酬を得続ける、という途方もないミッションなのです。
「こんな難しいこと、できそうもない…」と直感的に思うものですが、飲食店などのお店として開業・独立・起業しようとする人は減る事がありません。

その背景には、普通の会社員、組織で働くビジネスパーソンではそうそう勝ち取ることができない「大きな成功」の可能性を秘めているからだと言われています。
飲食ビジネスで年商億単位の企業などもよく聞きますよね。

また、開業・独立・起業しようとした時に参入しやすいのが飲食業界だとも言われています。
ITソリューションを開発してシリコンバレーでビジネスをする、なんていうのは、専門知識やそのビジネスでのキャリア、語学力や外国でのビジネス・経営知識、ワールドワイドな人脈などが必要で誰もが簡単に手を出せる領域ではありません。
ですが、飲食店としての開業・独立・起業ならば、料理が得意な専業主婦がそれをビジネスにして成功する、という事例もあるくらい、比較的手ごろなビジネスとして参入できる業界なのです。

ゆえに、成功するかどうかは、提供するソリューション = 例えばおいしいパンケーキなど…はあって当たり前のもので、これだけで勝負をするのは不可能なことなのです。
例えば、成功した「料理が得意な専業主婦」は、必ずどこかで「経営」を学んでいます。

そして、失敗する店 = 経営者は、共通点があるのです。

ずっと飲食店で働いてきて独立。
すでに、自分の料理にはお客様がついているので、新規客が来なくても大丈夫。
このような考え方の開業・独立・起業者が多いと言われています。
その「ついているお客様」は、あなたのお店で一生食事をしてくれますか?

そもそも、開業・独立・起業の一番最初にやることはなに?

例えば、個人飲食店の場合、経理の仕事として開業資金、売上、仕入費用や領収書の管理、そして確定申告などを知らなければ、儲かる・儲からない抜きにして、お店を営業することができません。
はじめの一歩は、まず「開業資金」だと言われますが、この「開業資金」どのように貯めたらようのでしょうか。

親、親戚、知人からの投資・・・などの場合も、まずは、自分の手元にあるお金が「自分のもの」「開業・独立・起業のために蓄えているもの」と財布を分けるところからはじめます。

つづきを読む→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ