投稿日:更新日:

飲食店を「独立」「開業」するのに 向いている人 向いてない人

飲食店を「独立」「開業」するのに 向いている人 向いてない人_記事画像

飲食店を開業することが向いている人、向いていない人というボーダーラインは確実にあります。
もし、あなたが開業を考えているのであれば、自分が向いているかどうか、客観的に見てみることも必要です。
ただし、たとえ向いていないかも……と感じたとしても、そこで諦めたり、落胆するのではなく、自分のウィークポイントを自覚できたことに重きを置き、それを補うためにどうすべきか考えることが大切です。

飲食店の開業に向いてる人とは?

飲食業界は参入障壁の低いビジネスであることから、比較的誰でも簡単に開業することができます。
その一方で、開業しても10年後に残っている確率は3%と言われているほど生存競争の厳しい世界です。
苦労の末に開業させた飲食店であるならば、たくさんのお客様に末永く愛されたいと思うもの。
料理を提供するだけなら誰にでもできますが、成功するお店はそれ以外の部分、つまり経営手腕が問われるものです。
それにはまず、店の経営をきちんと考えることが大切。
経営者として俯瞰的にビジネスを見ることができるかどうかです。
たとえば自分の店は市場のニーズにあっているか?
お客様に喜ばれるサービスとは何か?
スタッフがやりがいを持って働ける場になっているか?
等々、幅広い視点で考えることが必要不可欠です。
このように経営者としての「自覚」を持つことができなければ、結果として飲食店経営には向いていない、ということなのです。

飲食店の開業に必要な能力とは?

人を雇う経営者にとって必要なスキルとは何でしょうか。
組織のリーダーたる経営者は、スタッフを引っ張って行く存在であることが求められ、信頼されるための行動も見せていかなければいけません。
経営知識や調理技術といったことは地道な努力や経営の教科書からも習得可能ですが、人材の管理能力は机上の勉強だけでなく、実際のコミュニケーションによるところが大きいもの。
こればかりは日々の積み重ねでしか養えません。
自分は社長だからと独善的になり、スタッフの気持ちを汲み取ることができなければ、信頼を得ることはできず、せっかく力になってくれているスタッフが離れてしまう原因にもなりかねません。
人を雇う立場であるならば、「リーダーシップ」や「管理能力」、「知識」や「決断力」などを兼ね備えるべきです。
数字の管理は得意でも人の管理は苦手、ではいつまでたってもよき経営者にはなれないでしょう。

つづきを読む→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ