お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/08/28

パン屋さんを開業するのに手続きは何が必要なのか?

開業職種として人気のあるパン屋。パン屋開業を目的としたスクールなども人気を集めています。パン屋の開業にはどのような手続きが必要なのでしょうか。

製造場所に必要な許可

販売の形態によって必要な許可、届出も変わります。ここでは自分でパンを焼いて販売する代表的なふたつのスタイルを例に紹介します。

手製のパンを販売するお店

最も一般的なパン屋さんのタイプです。サンドイッチや惣菜パンなどの調理パンを販売する場合は、飲食店営業許可だけでよいとする保健所と、飲食店営業許可と菓子製造業の営業許可の両方が必要と判断する保健所があります。お店を出す地域の保健所に問合せてみましょう。ジャムパンなどの菓子パンも販売するのであれば、菓子製造業の許可も必要になります。

イートインのお店

店内のスペースで食べてもらうのであれば、飲食店営業許可だけで開業できます。ベーカリー・カフェがこのタイプ。テイクアウトもできるようにするなら、一般的なパン屋さんと同様、パンの種類や自治体によって菓子製造業の営業許可も必要です。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ