お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • お店を休業しても給料を保険でカバーできる?加入しておくべきは「○○○○保険」だった!【知らなきゃ損!プロが教える店舗型保険の秘密】

2018/02/01

お店を休業しても給料を保険でカバーできる?加入しておくべきは「○○○○保険」だった!【知らなきゃ損!プロが教える店舗型保険の秘密】

「店舗の保険」と聞くと、災害や火災などが発生した時に補填してくれるものだと想像してしまいがちですが、「食中毒を起こしてしまった」、「お客様のコートを紛失してしまった」など、店舗経営をしていれば起きてしまうであろう、さまざまなリスクに対応しているのが店舗型保険なのです。
どんな保険の種類があるのか、どんな場合に適用されるのか、失敗しない保険の選び方などを保険のプロにお聞きしました。
4回にわたって、店舗型保険について解説していきます。

全4回!店舗型保険の記事一覧ページはコチラ!

飲食店には4つのリスクがある

飲食店には想定される4つのリスクがあります。
その4つとは「賠償責任リスク」「財物損害リスク」「休業損害リスク」「労務災害リスク」です。
まずは、「賠償責任リスク」について。食中毒が代表的な事例で、自分たちが生産したものをお客様に提供して、それが原因でお客様への損害賠償責任が発生した場合のことを言います。これをカバーできる保険は「PL保険」です。また、お店のインテリアが倒れるなどしてお客様にケガをさせてしまった場合なども「賠償責任リスク」の範囲で、これは「施設賠償責任保険」でカバーします。自分が保有、管理する施設の不備やサービス(業務遂行)によって他人にケガを負わせたり、モノを壊してしまった場合に発生する賠償金、費用などに対応するものですね。2つめの「財物損害リスク」は、災害時の施設や物の損害のリスクで、「火災保険、地震保険」がこれをカバーします。3つめの「休業損害リスク」は、食中毒、火災などが起きると、当然お店の営業はできないので、その休業時の従業員の給料の補償などが必要になります。これに対応するのが「店舗休業保険」です。最後の「労務災害リスク」は、仕事が原因で怪我をしてしまったパートさんへの補償などです。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ