お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 飲食店の成功は試食会にかかっている!遠慮なく意見を言ってくれる知人を集めて開催するべし

2018/04/24

飲食店の成功は試食会にかかっている!遠慮なく意見を言ってくれる知人を集めて開催するべし

飲食店は繁盛店を目指すうえで、お店のウリとなるメニューがあるかないかが非常に重要になってきます。
そのため、メニュー開発に力を入れる方も多いはずですが、実はこれだけではダメ。
メニュー開発と同等に重要になってくるのが、「試食会」なのです。
その理由は単純。
自分が美味しいと思ったものを作っても、多くの人に受け入れられるメニューでなければお店の成功は難しいからです。

飲食店における試食会の重要性

「飲食の開業に失敗しないポイントのひとつは、試作と試食で商品の完成度を徹底的に上げること」。
そう語ってくれたのは、canaeruの「叶えた人インタビュー」にご登場いただいた”汁なし坦々麺”の専門店「タンタンタイガー」の店主・東山広樹氏です。
競合うごめくエリアで、看板メニューの汁なし坦々麺一本で勝負をかける東山氏。
なんとこの汁なし坦々麺が完成を見るまでに、1000回以上の試作と220人以上への試食を行ったといいます。
こうして世に送り出された看板メニューは、お店を一気に人気店へと押し上げました。
1000回の試作!? 220人以上の試食!? なにもそこまでしなくても…と思った方もいるかもしれません。
しかし、試作と試食を繰り返すことで、人気店になれるということを証明したひとつの例でもあります。
毎日、大量に、しかも常に同じクオリティで作り続けることのできる”看板メニュー”。
独りよがりになるのではなく、ターゲット層の意見を真摯に聞きながら試行錯誤を繰り返すことが重要になります。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ