お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 約8割の盲導犬使用者が入店拒否を経験!飲食店の盲導犬入店を知る

2018/04/18

約8割の盲導犬使用者が入店拒否を経験!飲食店の盲導犬入店を知る

日本で最初の盲導犬が誕生してから60年以上が経ちます。とはいえ、特に飲食店は食べ物を扱っているため「衛生面は大丈夫?」、「ほかのお客様の迷惑にならない?」と過剰に反応して盲導犬同伴の入店を拒否する傾向にあります。でもそれはNG
店の経営姿勢を疑われないよう、盲導犬に関する正しい知識を身に付けましょう。

盲導犬の入店拒否は法律違反!

盲導犬は、2002年に施行された「身体障害者補助犬法」に基づき、公共施設や交通機関のほか、飲食店をはじめとするさまざまな場所への同伴が許可されています。また、2016年施行の「障害者差別解消法」では、盲導犬を理由とした入店拒否は間接的な差別であると明記しています。しかし、ある盲導犬育成団体の調査によると、約8割の盲導犬の使用者が入店拒否を経験しているとのこと。まだまだ認識に大きな隔たりがあるようです。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ