お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/01

居抜き物件のメリット・デメリットと確認ポイント4点

初期費用を抑えて開業したい、と考えている方におすすめなのが「居抜き物件・店舗」です。居抜き物件(店舗)とは内装や設備が揃っている物件のことで、初期費用を抑えての開業に向いています。そのメリットや、選定時に確認すべきポイントをわかりやすくまとめてみました。

居抜き物件とスケルトン物件の違いとは

貸店舗として契約を交わす際は、退去時のルールについて定められているのが一般的です。基本的には原状回復を定めているものが多く、「契約時に契約者が新設・増設した物は撤去する」「移設の物は入居前の状態に戻す」などが原状回復に該当します。
スケルトン物件とは、原状回復後の、店舗の内装や設備などが何もない状態を指します。
反対に、居抜き物件は、契約内容に何も記載されておらず、現状引渡となっている場合で、店舗の内装や設備などがそのまま残った状態です。
居抜き物件は、どんなメリット・デメリットがあるのでしょう…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ