お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/08/18

モカ【コーヒー豆の種類】

コーヒー豆は、コーヒーノキから採取される種子のことで、一般的に「コーヒー豆」と呼ばれている豆は、いわゆる焙煎された豆のこと。カフェやバルはもちろんのこと、今や蕎麦屋、寿司屋でも提供されるコーヒー。飲食店開業の知識として、コーヒー豆について知っておこう。(写真はイメージ)

特徴・生産地・歴史【モカ】

モカコーヒーの「モカ」は、イエメン共和国にある都市の名前。コーヒーノキの原産地はエチオピアですが、これを世界に広めたのはアラビア半島の商人たちだと言われ、モカはコーヒー発祥の地とも言われています。
アラビア半島の南西・イエメンのモカ港はコーヒ―豆の積出港で、ここから出港されたコーヒー豆を「モカコーヒー」と呼ぶようになり、その後、対岸のエチオピアのコーヒー豆も一緒に輸出されるようになったため、イエメンとエチオピアの豆を合わせて「モカコーヒー豆」と呼ばれるようになりました。
現在、モカ港はコーヒー豆集積機能はなく、別の港から輸出されています。

味・香り・苦味・コクなど【モカ】

イエメン産モカコーヒー豆と、エチオピア産モカコーヒー豆は、ともに、自生していた在来種のため香り(風味)が似ています。
コーヒー豆の形が違って、イエメン産モカコーヒー豆は楕円形の小粒で「モカショートベリー」と呼ばれ、エチオピア産モカコーヒー豆は少し細長く「モカロングベリー」などと呼ばれます。
最高級品のモカコーヒー豆は、「モカマタリNo.9」と呼ばれるもので、ピーチやマスカット、ベリーなどのフルーツのような強い酸味と、モカフレーバーと言われる独特な香りが特徴です。

おすすめの煎り方【モカ】

・ハイロースト
・シティーロースト
・中煎り
・中深煎り

文・編集/canaeru編集部

コーヒー豆を知る!【コーヒー豆の種類】


>> モカ

>> キリマンジャロ

>> マンデリン

>> グアテマラ

>> ハワイコナ

>> ブラジル

>> ブルーマウンテン

>> ケニア

メールアドレスだけでOK!
会員登録してみよう!

お店の開業や運営のノウハウ満載!
会員登録で『canaeru』の
全コンテンツ無料利用できます。

PAGETOPへ