お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/08/18

キリマンジャロ【コーヒー豆の種類】

コーヒー豆は、コーヒーノキから採取される種子のことで、一般的に「コーヒー豆」と呼ばれている豆は、いわゆる焙煎された豆のこと。カフェやバルはもちろんのこと、今や蕎麦屋、寿司屋でも提供されるコーヒー。飲食店開業の知識として、コーヒー豆について知っておこう。(写真はイメージ)

特徴・生産地・歴史【キリマンジャロ】

タンザニアの肥沃な火山性土壌と、アフリカの中では豊富な雨量に恵まれたコーヒー栽培に適したキリマンジャロ山の麓で栽培されたコーヒー豆がキリマンジャロ。しかし、実際にしっかりとした境界線はなく、タンザニア産全ての水洗式アラビカ種も、キリマンジャロ豆として出荷されています。

味・香り・苦味・コクなど【キリマンジャロ】

淹れているとき、フルーティで華やかな香りに包まれるほど香りがよく、コク、甘み、酸味のバランスが濃厚なコーヒーです。

おすすめの煎り方【キリマンジャロ】

深く煎っても香りが飛びにくいため、中煎りや深煎りに向いています。
コーヒーに、ミルクや砂糖を入れても風味を損なわないため、煎り方・淹れ方をいろいろ変えても楽しめます。
中煎りはストレートで、深煎りにするとぐっと香りとコクが強まり、アイスコーヒーやエスプレッソに向いています。
淹れ方は、ドリップ・サイフォン・フレンチプレスなど種類を問いません。

文・編集/canaeru編集部

コーヒー豆を知る!【コーヒー豆の種類】


>> モカ

>> キリマンジャロ

>> マンデリン

>> グアテマラ

>> ハワイコナ

>> ブラジル

>> ブルーマウンテン

>> ケニア

メールアドレスだけでOK!
会員登録してみよう!

お店の開業や運営のノウハウ満載!
会員登録で『canaeru』の
全コンテンツ無料利用できます。

PAGETOPへ