お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/08/18

ブラジル【コーヒー豆の種類】

コーヒー豆は、コーヒーノキから採取される種子のことで、一般的に「コーヒー豆」と呼ばれている豆は、いわゆる焙煎された豆のこと。カフェやバルはもちろんのこと、今や蕎麦屋、寿司屋でも提供されるコーヒー。飲食店開業の知識として、コーヒー豆について知っておこう。(写真はイメージ)

特徴・生産地・歴史【ブラジル】

生産量、輸出量共に世界トップを誇っています。国内消費量も世界第2位とコーヒー大国です。コーヒー農園の面積はおよそ27,000平方キロメートル、約60億本のコーヒーの木が生産されています。
日本のコーヒー豆輸入先第1位はブラジルです。
エチオピア原産のコーヒーがブラジル北部に導入されたのが300年前。そのわすが100年後の1850年には、世界最大のコーヒー生産国となりました。平地では機械化された大規模農園、山岳地域では人の手で収穫する小さな農園が存在しています。品質も高く栽培される品種も多彩です。

味・香り・苦味・コクなど【ブラジル】

産地の標高が比較的低めなので、酸味がすくなく苦味とのバランスがよいため飲みやすく、ブレンドのベースとしてもよく使われます。
柔かなボディと濃厚なコクがあり一級の味わいと言われるのが"スル・デ・ミナス"。
アプリコットのような風味と甘さが特徴な”カルモ・デ・ミナ”などの種類があります。

オススメの煎り方【ブラジル】

浅〜深煎り

文・編集/canaeru編集部

コーヒー豆を知る!【コーヒー豆の種類】


>> モカ

>> キリマンジャロ

>> マンデリン

>> グアテマラ

>> ハワイコナ

>> ブラジル

>> ブルーマウンテン

>> ケニア

メールアドレスだけでOK!
会員登録してみよう!

お店の開業や運営のノウハウ満載!
会員登録で『canaeru』の
全コンテンツ無料利用できます。

PAGETOPへ