お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/08/18

ハワイコナ【コーヒー豆の種類】

コーヒー豆は、コーヒーノキから採取される種子のことで、一般的に「コーヒー豆」と呼ばれている豆は、いわゆる焙煎された豆のこと。カフェやバルはもちろんのこと、今や蕎麦屋、寿司屋でも提供されるコーヒー。飲食店開業の知識として、コーヒー豆について知っておこう。(写真はイメージ)

特徴・生産地・歴史【ハワイコナ】

ハワイコナは、ブルーマウンテン・キリマンジャロと並ぶ世界三大コーヒーのひとつです。ハワイ島の西側・コナ地区生産されていて、火山性土壌・低緯度・高地というコーヒーの栽培には最適な自然環境ですが、生産量は極めて少なく、希少性の高いコーヒーです。コナ地域で栽培された高品質な豆のみを”コナコーヒー”と認証するため、コーヒー豆の宝石と呼ばれています。ホワイトハウス主催の公式晩餐会には、必ずハワイコナのコーヒーが提供されると言われています。
ハワイのコーヒー栽培は、オアフ島やマウイ島、カウアイ島などでも行われています。しかし、他に比べハワイ島のコナ地区は、火山灰による肥沃な土壌が広がり、南国の適度な日照りと降水量、昼夜の寒暖差や曇りがちな天候など、質のよいコーヒーをつくる環境が整っているため、他よりも栽培が盛んです。
有機栽培で育てられたコーヒーの実の収穫は、機械を使わず人の手で完熟したものだけが摘み取られます。また、100%純粋なコナコーヒーは少なく、一般的に売られているものの多くは、他の豆にコナの豆ブレンドしたものです。

味・香り・苦味・コクなど【ハワイコナ】

芳醇な香り、まろやかな口当たり、すっきりとしたクリアな味わいです。

おすすめの煎り方【ハワイコナ】

中煎り

文・編集/canaeru編集部

コーヒー豆を知る!【コーヒー豆の種類】


>> モカ

>> キリマンジャロ

>> マンデリン

>> グアテマラ

>> ハワイコナ

>> ブラジル

>> ブルーマウンテン

>> ケニア

メールアドレスだけでOK!
会員登録してみよう!

お店の開業や運営のノウハウ満載!
会員登録で『canaeru』の
全コンテンツ無料利用できます。

PAGETOPへ