お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/08/18

マンデリン【コーヒー豆の種類】

コーヒー豆は、コーヒーノキから採取される種子のことで、一般的に「コーヒー豆」と呼ばれている豆は、いわゆる焙煎された豆のこと。カフェやバルはもちろんのこと、今や蕎麦屋、寿司屋でも提供されるコーヒー。飲食店開業の知識として、コーヒー豆について知っておこう。(写真はイメージ)

特徴・生産地・歴史【マンデリン】

ロブスタ種が一般的なインドネシアのスマトラ島で生産されるアラビカ種の高級銘柄。1696年、オランダ軍がジャワ島にアラビカ種を持ちこんだのがはじまりとされています。現在では、世界有数のコーヒー豆産出国となっていますが、そのほとんどが安価なロブスタ種が占めています。これは100年前にさび病という被害が蔓延し、病気に弱いアラビカ種が壊滅的被害を受け、病害につよいロブスタ種に切り替えたのが要因です。
その中で、病害に耐えたアラビカ種を元にしてインドネシアの民族”マンデリン族”が主導して栽培したものがマンデリン豆の由来とされています。生産量はインドネシア国内シェアでもわずか数パーセントほどしかありません。

味・香り・苦味・コクなど【マンデリン】

酸味が控えめで、コクの深さが有名です。また、個性的な味わいが楽しめるコーヒーとも言われています。深煎りにして力強いボディを楽しむことが多いですが、浅〜中煎りでもコクが楽しめます。

おすすめの煎り方【マンデリン】

シティロースト、フルシティローストなどの深煎り

文・編集/canaeru編集部

コーヒー豆を知る!【コーヒー豆の種類】


>> モカ

>> キリマンジャロ

>> マンデリン

>> グアテマラ

>> ハワイコナ

>> ブラジル

>> ブルーマウンテン

>> ケニア

メールアドレスだけでOK!
会員登録してみよう!

お店の開業や運営のノウハウ満載!
会員登録で『canaeru』の
全コンテンツ無料利用できます。

PAGETOPへ