お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/08/07

牛肉の部位を覚えてメニューづくりに活かす

牛肉の部位は細かく分かれていて、おいしさも、食感もまるで違います。部位の種類や特徴、どんな料理がおすすめなのかをピックアップしました。メニュー作りの参考にしてみてはいかがでしょう。

牛肉の部位を知る!

日常で多く食べられる牛肉だけに、ある程度の方はどの部位がどんな味なのか、どういった調理ができるのかということを把握していると思います。ただ、じっくりと部位を見ていけば、まだ知らないお肉や調理法があるかもしれません。

正肉の部位

ネック―首周り

脂肪分が少なく硬いものの、味は濃厚。ひき肉にしたり、煮込みにしたりするとうま味が出るので、ロールキャベツなどの煮込みが最適。

肩―肩周り

脂肪分が少なく、肉質は硬いものの、味は濃厚でコラーゲンが豊富です。シチューやカレーのほか、薄くスライスしてしゃぶしゃぶ、すき焼きにも。

ミスジ―肩甲骨の内側

1頭からわずかしか取れない希…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ