お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/07/18

盛り付けのポイント> サラダ編

盛り付けのポイントについて写真で解説!
お皿やカトラリー、クロスなどに頼らず「盛り付け」だけで「ひと味違う。」を表現、誰でも簡単に取り入れられる工夫を集めました。
フードコーディネーターの太田晶子さんとcanaeru編集部で実践します!

サラダボウルに盛るサラダ

葉物を下にひく

葉物の種類ごとに左右に分けたりせず、敷き詰めた方がボウルに盛るダイナミック感が出ます

たまごなど、重いものは散らして配置することで収まりがよくなる

チーズや輪切りきゅうりなどを上からまぶすとアクセントに

平皿に盛る冷たいサラダ

冷たいメニューは透明皿を使う。がスタンダート

方程式を押さえておけば、失敗しづらくなります

トッピングを入れてアクセントを

平皿に盛る温サラダ

素材別に並べることで何が入っているか分かるように

素材を混ぜなければ、仕込みや保存も楽になります

カッテージチーズを上から振り掛ける、などで雰囲気を出す

平皿に盛るスティックサラダ

敢えてお皿に盛り付けることで「一品メニュー」になる

野菜は重ねて配置。立体感が安っぽさを払拭する

ディップを別カップに入れ盛り付けることで、全体の存在感を出す

グラスに盛り付けるサラダ

フルーツサラダをカップに盛ってかわいらしいメニューに

柑橘系の果物はドレッシングのお酢代わり。混ぜて食べられるようにグラスに盛るのがベスト

監修/太田晶子(フードコーディネーター)
撮影/武井優美
企画・編集・文/canaeru編集部

その他の盛り付けのポイントの記事

>>高さ編
>>彩り編
>>バランス編
>>メイン料理編
>>ワンプレート編
>>デザート編
>>#SNS映え 盛り付けで宣伝する

会員登録をすると、
開業に役立つコンテンツが“ずっと無料”で利用可能です!

・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ