お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/07/18

盛り付けのポイント> 彩り編

盛り付けのポイントについて写真で解説!
お皿やカトラリー、クロスなどに頼らず「盛り付け」だけで「ひと味違う。」を表現、誰でも簡単に取り入れられる工夫を集めました。
フードコーディネーターの太田晶子さんとcanaeru編集部で実践します!

肉料理

パプリカを使う

どうしても茶系の色味が多くなってしまう肉料理。洋のメニューなら迷わず"パプリカ"を入れよう。覚えておけば地味さを回避できる便利技

ハーブも有効

色味の調整にはハーブも便利。こちらも準備をしておけばさまざまな場面に使える

魚介料理

冷たいメニューはたいらに盛って、爽快感を出す

シーフードなどもともと素材の色味がよい場合は、ハーブが全体を締める役割

万能なハーブ。挿し色にもなるし、全体を締める時にも使えます

冷たいメニューにはグレープフルーツが使える

挿し味にもなり、優しいイエローの色味は見た目もランクアップしてくれて便利

スープ

赤い色のスープには、グリーンを入れる

赤&グリーンは見た目が美しくなる。メニューの見た目が赤に寄ったら、グリーンを入れる、と覚えておくと便利

ポイントはパセリ

パセリひとつでいろいろ使えます。ひと挿ししたり、きざんでまぶしたり。そのグリーンが全体を締める役割になります

朝食プレート

1枚葉物を敷く・挿すだけで印象が違う

ハーブやパセリの他に使えるのは「葉物1枚入れる」技。ちょっとひと手間で印象を変えよう

プレートのメニュー構成を考えるときは、色味も考える

赤・黄色・グリーンで構成を考えると失敗しない

監修/太田晶子(フードコーディネーター)
撮影/武井優美
企画・編集・文/canaeru編集部

その他の盛り付けのポイントの記事

>>高さ編
>>バランス編
>>メイン料理編
>>ワンプレート編
>>サラダ編
>>デザート編
>>#SNS映え 盛り付けで宣伝する

会員登録をしていただくと、
その他のコンテンツも“ずっと無料”でご利用できます!

500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ