お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/04/10

保存版!チョークアートの作り方【特集:お店の宣伝】

高い装飾力で集客効果が見込める「チョークアート」について紹介していきます。「新しい装飾で店舗の雰囲気を変えたい」、「オリジナルの装飾で差別化を図りたい」と考えられている方はぜひ参考にしてください。

【特集:お店の宣伝】の記事

>>自作の看板を作りたい!ルールってあるの?
>>ファサードって何?集客のカギがここにある!?
>>看板や装飾にチョークアートを取り入れたい!
>>集客につながる飲食店のチラシの作り方
>>売れるPOPの書き方

オリジナルチョークアートとは?

チョークアートは、オーストラリアの東海岸や、アメリカ西海岸などのおしゃれなカフェやバー、レストランの店先に置かれているような、メニューボードとして見かけることの多い、黒板タイプの看板です。
チョークアートのメリットとして、パステルやカラーマジックなどで描いたイラストをコーティングした装飾看板部分と、チョーク等で日替わりのメニューや、お店からのメッセージを記載する部分を使い分けられる点が挙げられます。通常のアクリル看板と黒板の「いいとこ取り」をした看板です。例えば、店舗のロゴや定番メニューに関するイラストやレタリング部分はコーティングして固定し、日替わりメニューやメッセージをチョークで書き換えられるようにしておく、といった活用方法も可能です。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ