お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/07/18

盛り付けのポイント> バランス編

盛り付けのポイントについて写真で解説!
お皿やカトラリー、クロスなどに頼らず「盛り付け」だけで「ひと味違う。」を表現、誰でも簡単に取り入れられる工夫を集めました。
フードコーディネーターの太田晶子さんとcanaeru編集部で実践します!

丸平皿

空間を持たせることでバランスを取る

高さが出せるものは高さを出す

丸いお皿は、中心に向かって山を作るように意識するとバランスがよくなる

ハーブなどで目を惹く工夫を

角平皿

一人前づつ盛るとバランスが取りやすい

空間を保ちつつ敷き詰めるように

隙間埋めに便利なきのこ類

平たく盛ったときの隙間埋めにはきのこ類が便利。茶と白色のコントラストは、意外と全体のバランスを作ってくれます

グリーンを入れる

アスパラのグリーンは濃いので、落ち着いた印象のお料理に入れると効果的です。
困ったときはハーブをあしらいましょう

長皿

とにかくバランスが取りやすい長皿

盛り慣れてなくてもバランスが取りやすい長皿はあると便利です

一列に並べて美しいメニューは長皿に並べる

「重ねて並べる」をおさえておけば役に立ちます

小鉢

器の50%の盛り付けと覚えておく

残りの50%を余白にすれば、バランスが取れます

小鉢を準備するときは少し柄が入ったものを

バランスを取るためには、少し柄が入った器が使いやすい

小鉢を並べる

小鉢を複数並べることでバランスがよくなります

監修/太田晶子(フードコーディネーター)
撮影/武井優美
企画・編集・文/canaeru編集部

その他の盛り付けのポイントの記事

>>高さ編
>>彩り編
>>メイン料理編
>>ワンプレート編
>>サラダ編
>>デザート編
>>#SNS映え 盛り付けで宣伝する

会員登録をしていただくと、
その他のコンテンツも“ずっと無料”でご利用できます!

500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ