お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/07/18

盛り付けのポイント> ワンプレート編

盛り付けのポイントについて写真で解説!
お皿やカトラリー、クロスなどに頼らず「盛り付け」だけで「ひと味違う。」を表現、誰でも簡単に取り入れられる工夫を集めました。
フードコーディネーターの太田晶子さんとcanaeru編集部で実践します!

丸平皿に盛る朝食プレート

ポイントは「はみ出し」感

ワンプレートメニュー用のお皿もたくさんありますが、普通のお皿を使ってワンプレートメニューを盛り付けます。
面積の狭い丸平皿は、わざと「はみ出し」を作り、ワンプレートメニュー特有のダイナミック感を出しましょう

仕切りがないので汁物を盛らない

楕円長皿に盛るランチプレート

領域を3分割にし、中心にごはんを置く

温かいものと冷たいもの、汁物とそうでないものなどを分ける場合、中央にごはんを配置しておけば堰き止めになります

ワンプレートメニュー以外にも使える楕円皿は便利

特別感が出るので、楕円皿を持っておくと便利です

丸平皿に盛るランチプレート

パンにはナプキンを使って見た目をよくする

小さな器を入れることで豪華に

アボガドサラダならアボガドの皮を器に。ワンプレートの中に別の器が入ることで素敵に見えます

スイーツプレート

カップを使う

メニューにセリーやムースなどを入れ、カップを使うと単調になりにくく、豪華にも見えます

粉砂糖やココアパウダーを使う

ワンプレートには連続感も必要。粉砂糖などで繋げば「ただ置いただけ」を防げます

おつまみプレート

乾きものと湿気ったものを完全に分ける

カップや小皿を入れて、乾いたものと湿気ったものを混ざらないようにします

立体感を出す

平たくなりがちなので、カップやミントの葉を使い立体感を出しましょう

監修/太田晶子(フードコーディネーター)
撮影/武井優美
企画・編集・文/canaeru編集部

その他の盛り付けのポイントの記事

>>高さ編
>>彩り編
>>バランス編
>>メイン料理編
>>サラダ編
>>デザート編
>>#SNS映え 盛り付けで宣伝する

会員登録をしていただくと、
その他のコンテンツも“ずっと無料”でご利用できます!

500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ