お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • ネット上にお店情報が無ければお客様は来ない?初見さんを獲得する方法

2016/12/01

ネット上にお店情報が無ければお客様は来ない?初見さんを獲得する方法

料理や内装を万全にしても、「お店を知ってもうらう」という広報活動を怠っては、お客様はお店を訪れることも、知ることもありません。
そもそも、お店にお客様が来店するきっかけは何でしょう?
昔は、自宅や職場の近くにある店舗、雑誌などが来店のきっかけになっていましたが、現在、多くの方がインターネットをきっかけに来店すると言われています。つまり、インターネット上に自店の情報を掲載することが、多くの客層にアプローチするひとつの武器になり得るのです。

インターネット上にお店情報を公開する

考えて見てください。あなたが消費者の立場であれば、通りすがりなどで「行ってみたいな」と思うお店があり初めて行く時、まずはネットでそのお店情報を調べませんか。
お店のコンセプトやテーマなどに少しでも「いいな」と思えば、そのときはグルメサイトだけではなく、お店の公式サイトへ訪れませんか。
ネット上にお店の情報を公開するのは必須、やっていなければ、お店は未完成である、と言ってもいいのです。

1.グルメサイト、グルメアプリの活用

お店選びで最も多くの方々が活用するのが「ヒトサラ」や「食べログ」をはじめとするグルメ情報サイト・アプリ。オフィシャルHP以外でも周知の窓口を広げます。

2.独自のホームページ制作

ネットユーザーの多くはグルメ情報サイト・アプリで検索し、お店の雰囲気や場所を確認するために店舗のホームページへアクセスします。お客様を必ず来店へ導くために、料理の写真やお店の雰囲気、システムなどをわかりやすく伝えたホームページを制作する必要があります。

3.Facebook、TwitterなどSNSの活用

「今日!」、「今!」をリアルタイムに発信できる無料ツールを効率的に活用し、ファン作りを行います。最近では話題になるような独自のメニュー開発などもSNS拡散におけるポイントとされています。

お店を知ってもらう方法は?

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ