お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 台風が来るとコロッケが売れる?メディアが取り上げる「都市伝説的メニュー」を考察してみる

2017/11/30

台風が来るとコロッケが売れる?メディアが取り上げる「都市伝説的メニュー」を考察してみる

なぜだかよく分からないけれど、多くの人に広まっている噂を「都市伝説」といいますが、ネット上にあふれる「都市伝説」をうまく利用できれば、売り上げアップにつながるかもしれません。近年、スーパーのお惣菜コーナーの売上げをアップさせている「台風コロッケ」の成功例から、「都市伝説的メニュー」を考えてみましょう。

台風が来るとコロッケが売れる「台風コロッケ」って何?

「台風コロッケ」のはじまりは、2001年の夏にまでさかのぼります。2ちゃんねるの台風実況スレッドで、あるネット民が「念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました」と書き込んだところ、「コロッケが食べたくなってきた」という人が続出。それ以後、ネットの中では「台風にはコロッケ」というのが新しい習慣となりました。たしかに、台風という非常時に備える食品として、腹持ちがよく冷めてもおいしいコロッケはうってつけ。誕生日にはケーキ、クリスマスにはチキンなどと同じく、台風コロッケは「特別な日に食べるもの」のポジションを獲得したようです。
台風が近づくと、ツイッターには「コロッケを買ってきた」などのつぶやきや、「コロッケの画像」がアップされ、さらに拡散。コロッケを売るお店も「台風の日にコロッケが完売する」という現象に気付きはじめました。そして、2017年に新たな展開を迎えたのです。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ