お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • 入間市・ジョンソンタウンの商圏の考え方・マーケティング戦略

2018/08/17

入間市・ジョンソンタウンの商圏の考え方・マーケティング戦略

商圏とは「ある店舗が集客できる地理的な範囲」であり、これを分析することで、人口や消費者の属性、競合店の有無などの地域特性を把握できる。
こういった「商圏分析」による、出店予定地域のいわば「見える化」は、計画的な集客や無駄のない販促活動、商品展開にとって非常に重要で、やみくもにすべての消費者をターゲットにして店舗に呼び込むといった無駄を省き、運営における指針の設定、全体の効率化に役立つ。
そして、皆さんご存知のように、商圏分析は大手チェーン店などが行う大規模出店には欠かせないものであるが、ジョンソンタウンのような「特殊な商圏」には、果たしてどのようなマーケティング戦略があったのか? 

同業種が多数でも「平和的な店舗間の競争」

今回取材したなかで、商店が混在する住宅地としてこの町が発展したと感じた3つの背景がある。

まず「平和的な店舗間の競争」だ。ジョンソンタウンには飲食店が20店あり、そのうち半数がカフェとして営業するなど、同業種の店舗が多数、軒を連ねており、他店と同様のメニュー提供では、数多くある飲食店のひとつとして埋もれてしまう。だから各店がそれぞれ「北欧」「アジア」「アメリカ」「沖縄」といったコンセプトやテーマを明確に打ち出し、差別化を図っている。
実際に第二回、第三回の連載で登場していただいた飲食店は、カフ…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ