お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/26

メニューは5感に訴えかける方法が有効なワケ

お客様にお出しするメニューは、名前である程度どんな料理なのか想像が付くもの。そのため、どんな料理なのか好奇心をそそられる要素を盛り込む必要があります。かといって、長くて奇をてらった名前は、興味を失う原因にもなるので逆効果であることも。
飲食店においては、まさに、メニュー名の付け方が、経営を左右することもあります。

メニューの名付け方の基本

メニュー名を決める際は、以下の基本的な3つのポイントを意識しましょう。

好奇心をそそられる

この3つのどれかに当てはまると、メニュー名としては非常に効果的です。では、このようなメニューはどうやって考えればよいのでしょうか。

五感に訴えかける表現が効果的

食べる行為は味覚だけでなく、五感すべてを使って味わうものです。美味しい料理でも、盛り付け方や香り、場所、体調、気分によって変わったように感じられます。だからこそ、メニュー名に五感と結びつけたフレーズを使用することで、お客様が欲しいメニューを選んでいただけるよう工夫する必要があるのです。

「嗅覚」を刺激するメニュー名

料理における香…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ