お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 人材を定着させるための「スタッフから不満を聞き出す」という荒治療について考える

2016/12/08

人材を定着させるための「スタッフから不満を聞き出す」という荒治療について考える

従業員を採用したけれど、短期間で辞めてしまう……。
離職率が高くて常に求人広告を出していたりしませんか?なぜ従業員が定着せずに辞めていってしまうのでしょうか。求人誌に掲載するにしてもタダではありません。また、新たに採用しても、一から仕事を教えるとなると、そこに時間がかかります。そしてなにより、従業員の入れ替わりが多いと職場の雰囲気が心配です。その雰囲気はきっとお客様にも伝わってしまうことでしょう。お店にとっては損なことばかりですよね。そうならないためにも、ここでは離職率を下げる方法を紹介していきます。

従業員が辞める理由を理解しているか

よい人材だと思って採用しても、定着せずに一定期間を過ぎると辞めてしまう場合が多いなら、何か職場として改善すべき問題があると考えられます。例えば、常に求人広告を出しているとします。この場合は、求職者側も働きづらいブラックな職場なのでは?と、応募の際に警戒させてしまう原因になると言われています。なぜ社員が辞めてしまうのか、なかなか理由がわからず頭を抱えている経営者も少なくないはずです。改善するためには、改めて従業員が辞めていく理由について理解しようと努める必要があります。辞めていく従業員は、本当の理由を話さず、建前上の動機だけを伝えてくることがほとんどです。本当は給与面で不足を感じているのかもしれませんし、人間関係に悩んでいたのかもしれません。いずれにせよ、何かしら不満や事情があることは確かです。辞めてしまう従業員の意思を変えることは難しいかもしれませんが、経営者としてできることは、本当の不満を聞き出し、職場改善に活かすこと。そうすることで、「なぜか人材が辞めてしまう」状態から、「○○という改善点があったために辞めてしまった」と課題を明確化できるのです。

つづきをよむ→

会員登録をすると
続きをご覧いただけます。

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ