お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/01

今さら聞けない!無料宣伝ツール、SNSの特徴を知る

全国だけでなく、世界中に多くのユーザーを持つSNS。無料で使用でき、使い方次第では効果的な集客ツールへと変化します。そこで代表的なSNSである、Facebook、Twitter、Instagram、LINEの、その効果的な使用方法を解説していきます。

代表的なSNSの特徴を把握しよう

日本国内で何らかのSNSを利用しているユーザー数は、2017年には6912万人に達するというデータがあります。(※株式会社 ICT総研調べ)
企業PRやお店の宣伝にこの膨大なユーザー数を持つSNSを有効に活用することは、お店を成功に導く手助けになります。
まずは代表的なSNSの特徴と効果的な使い方について解説していきます。

1.Facebook

SNSの代表格Facebook。幅広い年齢層に多くのユーザーを持つのが特徴。企業・店舗のページを作ることで、お店の問合せ先や、アクセスなど多くの情報量を発信することができます。
【活用方法】
お店の詳細をしっかりと掲載し、公式サイトのサブ的ポジションとして活用可能です。また、他のSNSに比べてじっくりと読まれやすい傾向があるので、お店のこだわりを写真とともに紹介しましょう。

2.Twitter

若年層にユーザーが多いとされており、匿名性が高いのが特徴。手軽さに特化しており、リアルタイムの情報発信に優れています。また、SNSの中でも拡散力が非常に高いです。
【活用方法】
Twitterはその手軽さゆえに、ユーザー側が流し見する傾向にあります。こだわりを発信するというよりは、「○○割引中!」など短い文章で1日に複数回情報を発信していくのが効果的です。

3.Instagram

画像、動画投稿をメインに近年利用者が急増中のSNSです。お店の内装や自慢のメニューの写真を投稿することで、より鮮明に店舗の雰囲気を伝えることができます。
【活用方法】
飲食店であれば毎日定時(ランチなら11時頃、ディナーなら18時頃)に今日のおすすめメニューをシズル感たっぷりの写真で投稿することで、強力な視覚的アプローチが可能です。

4.LINE

若年層を中心に圧倒的な数のユーザーを持つLINE。メッセージツールとして便利なため、多くのユーザーが毎日のようにLINEを開き使用しています。
【活用方法】
LINE@ならメニューやクーポンを効果的に配信できます。ただし、このサービスには無料版と有料版があり、無料版は「友達にメッセージを配信できる数は1000通まで」のように制限があります。有料版はベーシックとプロと呼ばれるプランがあり、それぞれ価格が異なります。まずはサービス内容を確認するところから始めましょう。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ