お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/01

メリット満載!自宅を使いお店を開きたい!

自宅の一部を店舗として利用する自宅開業。自分の時間を確保しやすいこともあり、開業を志す男性だけでなく子育て中の主婦などからも注目されています。物件を借りず、少ない資金で開業できるのが何よりの魅力です。しかし自宅開業にあたり注意したい届け出が……、いくら忙しくても、忘れてはいけない必要な届け出とは?

開業1ヵ月以内に「開業届」を提出

自宅開業の場合、その地区の税務署に開業から1ヵ月以内に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出します。これは新しく事業を開始したときや、廃止したときに提出する書類です。従業員の居ない個人事業主なら用紙に記入するだけですので、あっけない程に簡単に完了します。開業届を書く際、店の名前となる「屋号」を記入する欄があるので事前に決定しておきましょう。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ