お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2018/10/16

憧れの飲食店開業で揃えておきたい厨房機器4選

飲食店を開業するにあたって取り揃えておきたい厨房機器は4点です。お冷の提供は飲食店で必ずといっても過言でないため、1日あたり客席数に1.5を乗算した値の氷を生成できる製氷機。限られた厨房スペースを有効活用できる冷蔵設備と作業台としての機能を兼ねたコールドテーブル。コンロとオーブンが同時に使える業務用ガスレンジ。保健所によって規定された内径寸法を満たす2槽のシンク。飲食店開業で必要な4つの厨房機器と特徴を解説します。
飲食店によって取り揃えるべき厨房機器は多少差が出てきますが、どんなお店でも共通して需要がある機器はいくつか存在します。また、飲食店を営業するためには営業許可証を取得する必要があります。そのためには、保健所が定める施設基準を満たした環境と設備を用意しなくてはいけません。
実際にお店をオープンした後は経営に忙しく、機器を新たに選定して調達するためのまとまった時間が少なくなってしまうため、提供する料理を把握して必要になる機器を先読みして調達するべきです。今回は、飲食店を開業するにあたって取り揃えておきたい4つの厨房機器とそれぞれの特徴を解説します。

1.製氷機は客席数×1.5倍の製氷能力が目安

お冷やドリンクに氷を入れて提供するために必要な製氷機。製氷能力の目安は、お店の客席数×1.5倍の数値が一般的です。一日あたりの製氷能力は製品によって異なり、低いものでは10kg前後、高いものだと100kgを超えるタイプもあります。

例えば客席数が16の場合は目安となる製氷能力が24kgとなりますが、カフェやバーといったドリンクメニューを多く取り扱うお店の場合、夏季の氷使用量増加で不足するかもしれません。そのため余裕を持って数値を上乗せし、30kgほどの製氷能力がある製氷機が好ましいといえるでし…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ