お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/01/16

知らないと損する?真空パック包装機で食材ロスをなくす

真空パックによる食材保存について解説します。多くの飲食店経営者の悩みのひとつが、廃棄食材による経費のロスではないでしょうか。料理として提供できないので、コストパフォーマンスが下がり、ごみ処理の経費も掛かってしまいます。どうにかして廃棄率を減らしたいですが、そんな時は真空パックが有効なのでしょうか。経営面でのメリットも紹介。

真空包装機とは?

真空包装機は食材や調理済みのメニューを専用の袋に入れて、専用器具で真空にする器具。
食品が傷む原因は空気との接触による酸化と、細菌の繁殖による腐敗が挙げられます。食材を真空パックにしてから冷凍保存すれば、酸化や雑菌の繁殖を防ぎ、鮮度や味を落とさず長期保存が可能です。真空包装機の機種によっては、中の空気量の調節や、不活性ガスの封入など、さまざまな機能があります。

真空パック包装のさまざまなメリット

食材保存のメリット

真空包装でのメリットは何といっても食品の味を落とさずに長期保存できること。また、形を崩さずに保存することで、長距離輸送の際に破損するリスク…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ