投稿日:更新日:

飲食店は7割が赤字!? 赤字に陥る飲食店の共通点と脱却法[人気記事]

飲食店は7割が赤字!? 赤字に陥る飲食店の共通点と脱却法_記事画像

”赤字”経営。
オープン直後は、開店資金がまだ機能しない、回っていない、などの原因が考えられますが、その後なかなか売上が軌道に乗らないという飲食店も多いようです。
また、今まで黒字経営であったのに、いつの間にか赤字経営になっているなど、自分では原因がわからないというケースも。

飲食店の7割が赤字という衝撃の事実

あるデータによれば利益を出している飲食店は全体の3割程度。
つまり、飲食店の7割が赤字というのです。
しかし、商売をする上では、なんとしてでも黒字に持っていきたいもの。
現在、赤字経営真っ只中である飲食店が黒字経営へ持ち込むためにはどのような施策があるのでしょうか。
まずは、赤字に陥る原因から探っていきましょう。

赤字に陥る飲食店の共通点

赤字に陥る飲食店にはいくつかの共通点があります。自分の店に当てはまる場合は、そこから着手していきましょう。

コンセプトに問題がある

思ったほどの集客がないという場合は、コンセプトが独りよがりのものになっている可能性が考えられます。
飲食店のコンセプトは店の魅力となっていて、お客様が訪れる理由となり得るものでなければなりません。
立地と業態はマッチしているか?
ターゲットや価格帯が開店当初のコンセプトとズレはないか?
ズレがあるなら、そのターゲットに価格帯をアジャストできているか?
など、コンセプトを現状とすり合わせる必要があります。

運転資金不足

開店したばかりの飲食店に多いのが、運転資金が底をついてしまったというケース。
開店したらすぐにお金を稼げると考えず、当面の運転資金は開業前に準備しておくことをおすすめします。
ちなみに、この運転資金とは、食材の仕入れ代金、家賃、人件費、水道光熱費、リース代など、月々の支払いが発生する経費すべての金額です。

増えすぎたメニューとコスト管理見直し

飲食店を出すからには、味で勝負したい!と意気込む気持ちが大きいのは、当然のこと。
しかし、あれこれバリエーションを増やしてしまうと仕入れ材料も増え、コストがかさみます。
また、食材の大量なロスが出れば、廃棄コストもかかってしまいます。
経営を存続する過程で増えてしまったメニューは、本当に自信のあるイチオシメニューだけに絞りましょう。
メニューをスリム化すれば、仕入れ食材が減り、原価率もおのずと下がります。
調理効率がアップすれば、従業員数(人件費)の削減に繋がる可能性もあり、さまざまなコスト削減が期待できます。

リピート率・回転率が低い

リピート率を上げるためには、ご近所の方をターゲットにした戦略が必要不可欠です。クーポンやチラシを配るなどの販促活動を行ってみましょう。
そして、また来たいと思えるメニュー構成になっているか、清潔感も含めた良いお店の雰囲気になっているかの見直しも大切です。
回転率は、お客様が入っているような状況なら、オペレーションや席の配置を見直してみましょう。
例えば、4人席におひとり様を通してしまうといった無駄があるかもしれません。
料理やドリンク類の提供スピードの見直しも検討してみましょう。
提供スピードのアップは、同時にお客様満足度の向上にも繋がります。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ