投稿日:更新日:

【特集:黒字なのに倒産?】貸借対照表から資産と負債のバランスを知る!

【特集:黒字なのに倒産?】貸借対照表から資産と負債のバランスを知る!_記事画像

店舗経営において、日々の売上や支出を管理する“損益計算書”のほかに、もう1つ大切な帳簿があります。それは、土地や建物・資金といった財産と、借入金などの負債を比較した“貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)”です。貸借対照表をおろそかにすると、会社にお金がない状態なのに気付かず、倒産の危機が迫っていた……という恐ろしいリスクもあるのです。

貸借対照表の基本的な仕組み

貸借対照表は、財産と借金を含めた全財産を知るデータ表で、別名バランスシート(B/S)とも呼ばれます。「資産」「負債」「純資産」の3つで成り立っており、「資産」と「負債+純資産」の合計額が一致するようにできています。

貸借対照表の3つのポイント

資産

資産とは、お店が持っているお金、土地、建物といったすべての財産を表します。そのため、貸借対照表に明記する「資産」は大きく2つに分けて記載します。1つは、現金や預金のほか、代金回収前の売掛金、有価証券、棚卸資産など1年以内に現金化することができる「流動資産」です。そしてもう1つは、土地や建物のほか、機械や備品などの長期にわたり保有する「固定資産」です。

負債

負債とは、返さなければいけないお店の借金です。こちらも、1年以内に支払わなければならない「流動負債」と、1年以後に支払わなければならない「固定負債」の2つがあります。「流動負債」には支払手形、買掛金、未払い金、短期借入金などがあり、「固定負債」には長期借入金や社債などがあてはまります。

純資産

純資産とは、資本金や利益などの返す必要のないお金のことです。赤字が続いた場合、利益余剰金が減っていき、純資産がマイナスになることもあります。これを“債務超過”といい、負債の総額が資産を超えてしまっています。つまり、資産をすべて売却しても負債を返済しきれない状態のことです。

貸借対照表を書いたら、まずは2つの値を出してみよう

貸借対照表を書くときは、左側に「資産」、右側に「負債」と「純資産」を並べて記載します。このとき左右の金額が合致し、資産=負債+純資産の方程式が成立しているか確認しましょう。

貸借対照表が完成したら、店舗に倒産のリスクはないか、借入金の支払い能力はあるのかなどを分析できる2つの値を出してみましょう。

貸借対照表を書いたら、まずは2つの値を出してみよう

自己資本比率

事業資金のうち、返す必要のない純資産の割合を示した値のこと。
自己資本比率(%)=純資産÷総資産×100
この割合が高いと、返さなければならない負債が少なく、自分たちの力で運営できている証拠になります。一般的には、40%以上あれば倒産しにくく、20%以下であれば倒産のリスクを抱えている状態であると言えます。

流動比率

1年以内に支払わなければならない「流動負債」を支払える能力があるかを表した値のこと。
流動比率(%)=流動資産÷流動負債
200%以上なら問題なく負債を返済できており、120~150%あれば十分返済能力のあるお店と言えます。しかし、100%以下だと負債の返済に苦しんでいる状態で、いわゆる自転車操業的な経営状態であるかもしれません。

そのほか、「当座比率」や「固定比率」「長期固定適合率」など財務状態を知るさまざまな指標を出すことができます。資金繰りが健全に行なえているか定期的に確認することが、店舗経営においてはとても大切なのです。

貸借対照表と損益計算書の関係

財政状態を表す「賃借対照表」と、収益を表す「損益計算書」は密接に繋がっています。損益計算書の「当期純利益」は、貸借対照表の純資産のうちの「利益余剰金」とイコールの関係にあります。そのため、日々の店舗経営で得た利益は自己資本として蓄えられ、負債の返済や店舗の拡充に宛てることができるのです。

この記事の監修
株式会社USEN/canaeru 開業コンサルタント

○会社事業内容
IoTプラットフォーム事業・音楽配信事業・エネルギー事業・保険事業・店舗開業支援事業・店舗運用支援事業・店舗通販事業。

○canaeru 開業コンサルタント
銀行出身者、日本政策金融公庫出身者、不動産業界出身者、元飲食店オーナーを中心に構成された店舗開業のプロフェッショナル集団。
開業資金に関する相談、物件探し、事業計画書の作成やその他の店舗開業における課題の解決に取り組む。

canaeruは年間300件以上の開業サポート実績!

SNSでログイン、またはメールアドレスの登録で
開業までのサポート完全無料で受けられます!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

無料会員登録でできること
① 「日本政策金融公庫」の創業融資をはじめとする資金調達の相談が出来る!
② 開業時に必要な事業計画書の作成サポートが受けられる!
③ 店舗開業や運営に関するさまざまな疑問点・お悩みを何度でも相談可能!
※ 金融機関出身者、元飲食店オーナーら店舗開業のプロが対応します

PAGETOPへ