お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • 【特集:黒字なのに倒産?】貸借対照表から資産と負債のバランスを知る!

2017/06/12

【特集:黒字なのに倒産?】貸借対照表から資産と負債のバランスを知る!

店舗経営において、日々の売上や支出を管理する“損益計算書”のほかに、もう1つ大切な帳簿があります。それは、土地や建物・資金といった財産と、借入金などの負債を比較した“貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)”です。貸借対照表をおろそかにすると、会社にお金がない状態なのに気付かず、倒産の危機が迫っていた……という恐ろしいリスクもあるのです。

貸借対照表の基本的な仕組み

貸借対照表は、財産と借金を含めた全財産を知るデータ表で、別名バランスシート(B/S)とも呼ばれます。「資産」「負債」「純資産」の3つで成り立っており、「資産」と「負債+純資産」の合計額が一致するようにできています。

貸借対照表の3つのポイント

資産

資産とは、お店が持っているお金、土地、建物といったすべての財産を表します。そのため、貸借対照表に明記する「資産」は大きく2つに分けて記載します。1つは、現金や預金のほか、代金回収前の売掛金、有価証券、棚卸資産など1年以内に現金化することができる「流動資産」です。そしてもう1つは、土地や…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ