投稿日:更新日:

自宅開業…実は「手続き」だけで開業できる!自宅でお店を開業する方法【まとめ】[人気記事]

自宅開業…実は「手続き」だけで開業できる!自宅でお店を開業する方法まとめ_記事画像

自宅の一部を店舗などとして利用する自宅開業。
また、物件を借りないで開業する、プチカフェや週末だけのお店。
自宅開業や、プチカフェ、週末カフェなどは自分の時間を確保しやすいこともあり、開業を志す男性だけでなく子育て中の主婦などからも注目されています。
物件を借りないため、少ない資金で開業できるのが何よりの魅力です。

ここでは、自宅などを利用して開業する時に知っておきたいことなどをまとめてみました。

開業までは手続きの繰り返し

例えば、自宅の「お店」などをオープンさせる場合、開業までの工程は、許可証などの取得、届け出など「手続き」の繰り返しです。
逆に言えば、難しく特殊な作業はなく、順番にやっていけば、誰でも開業できる、とも言えます。

個人事業主の開業は1ヵ月以内に「開業届」を提出する

自宅開業の場合、その地区の税務署に開業から1ヵ月以内に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出します。
これは新しく事業を開始したときや、廃止したときに提出する書類です。
従業員の居ない個人事業主なら用紙に記入するだけですので、あっけない程に簡単に完了します。
開業届を書く際、店の名前となる「屋号」を記入する欄があるので事前に決定しておきましょう。

屋号を決める際のポイントとは

屋号はお客さまの第一印象を大きく左右するものです。
名前のインパクトが集客にも影響を与えるため、安易な名前づけで簡単には決められません。
では、どのようなポイントに気を付けて決めればいいのでしょうか?ポイントは以下の4つです。

・事業内容が分かりやすい
看板にお店の名前が書いてあったとしても、何のお店か分からなければお客さまがすぐに足を運んでくれません。カフェであれば「○○カフェ」、美容院であれば「○○美容院」など、事業内容を含む方がより足を運んでもらいやすくなります。

・覚えやすい
インパクトを与えるためにかっこいい英語の名前を付けても、覚えてもらうことができなければ意味がありません。良いお店と思われても、名前が思い出されないと多くの人へ周知しずらくなります。短くて覚えやすい店名が良いでしょう。

・言いやすく書きやすい
SNSなどで情報が拡散されやすい時代になっているため、入力しやすい文字、文字数を心がけることも重要です。長すぎる文字やアルファベットとひらがなを両方使う店名は、SNSでの周知に影響します。

・個性的である
他店と同じ名前では差別化を図ることができません。ネット検索では、同じ名称でもアクセス数の多い店の方が上位に表示されます。自分のお店が他店に埋もれてしまう場合があるのです。個性的でオリジナリティ溢れる店名をつけましょう。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ