お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2018/03/14

閉店による解雇が認められるための4つの条件

飲食店を始めるときに考えなければならない重要なポイントのひとつに「従業員」が挙げられます。自分や家族だけでお店を回せればいいのですが、多くはアルバイトを含め、授業員を雇わなければならないケースの方が多いのではないでしょうか。では、その飲食店がもし潰れてしまったら、従業員はどうなってしますうのでしょうか?

廃業が多い飲食店。従業員はどのように解雇されるのか?

飲食店の廃業率は非常に高い業種と言われています。開店して2年以内に潰れる店は半数以上、3年で7割が消えるという数字もありますから、開業する人は誰もが決して人ごとではありません。もしお店が潰れてしまったら、大きなチェーン店の場合、別の店舗で雇うというような策を取ります。ですが、個人経営ではなかなかそうはいきません。つまり、必然的に辞めてもらう方向になってしまうのです。しかし、店が続けられないからといって、従業員に「明日から来なくていいよ」とは言えません。やむなく解雇を選択する場合、どのようなステップを踏むのでしょうか。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ