お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • 開業する前に知っておきたい飲食店が閉店してしまう理由と運転資金の動かし方

2018/07/13

開業する前に知っておきたい飲食店が閉店してしまう理由と運転資金の動かし方

飲食店は比較的に開業しやすい業種である反面、廃業率が高いともいわれます。開業から1年未満に閉店する割合は3割を超えるとするデータもあり、計画的な経営を行わないと生き残ることはできません。開業してすぐ閉店してしまうお店の特徴から、生き残るためにできることを考えてみましょう。

運転資金は開業から6ヶ月を目安とする

開業してすぐ閉店にいたってしまう理由のひとつに運転資金不足があげられます。すでに顧客基盤を持っている、非常に有利な立地にあるなど特定の理由がない限り、明るい兆しが見えるまでには最低6ヶ月といわれるためです。この期間は売上が不安定になっても仕入れや家賃の支払いができるように、運転資金を準備しておく必要があります。資金が足りなくなってから融資の相談をしても通りにくい傾向があるため、創業融資と開業に向けて貯めた自己資金が必要です。

総投資額の3分の1は自己資金が望ましい

「0円開業」といった類いのノウハウ本もありますが、自己資金を使わずに開業…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ