お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • 繁盛店と儲からない飲食店の格差とは?発想の転換が必要かも?

2019/01/15

繁盛店と儲からない飲食店の格差とは?発想の転換が必要かも?

すでに飲食店が飽和状態にあるといわれ、飲食業界は依然として競争が激化しつつあります。新規開業する飲食店がある一方で、廃業する飲食店も非常に多いのが現状です。そんな飲食業界で生き残り、自分の店舗を守り続けるためには、どのような戦略をとるべきなのでしょうか?

こちらでは飲食店経営者の方へ向けて、飲食業界が置かれている状況を紹介しながら、繁盛店を作るためのヒントをご紹介します。場合によっては、飲食店という形態にとらわれずに、発想の転換で売上を立てる必要があるかもしれません。今後の戦略を立てる上で、ぜひ参考にしてみてください。

飲食店は廃業率が高い

厚生労働省が2009年に発表した「飲食店営業(料理店)の実態と経営改善の方策」によると、2007年に新規開業した飲食店が154,278件であったのに対して、廃業した飲食店は171,540件とより多くなっています。同様に、2006年は新規開業163,026件に対して廃業170,005件、2005年は新規開業162,322件に対して廃業165,614件と、廃業率が高い傾向にあることが分かります。

このような廃業の理由として多く挙げられるのが、運転資金不足です。オープン時に店舗の賃料や内装に金額をか…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ