お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 年末年始商戦に向けたアルバイト募集はいつから始めればいい?【特集:人材採用】

2017/09/05

年末年始商戦に向けたアルバイト募集はいつから始めればいい?【特集:人材採用】

年末年始は普段より多くの集客が見込め、年間の業績にも大きく影響を与えます。そのため、臨時でアルバイトを雇って営業をしたいところですが、採用には時間や費用が掛かるため、計画的に人材の確保を進める必要があります。それでは、いつから年末年始に向けて動き出せばいいのでしょうか。

【特集:人材採用】の記事

>>繁盛している店は知っている!"売れる"スタッフのトレーニング
>>年末年始商戦に向けたアルバイト募集はいつから始めればいい?
>>店が生き残るためのスタッフ採用と研修
>>飲食店経営の適切な従業員・スタッフ数
>>初めての面接に役立つ!オープニングスタッフ採用で気を付けること
>>経営者として「モテる」ことが売上に繋がるワケ
>>面接はココをみろ!ポイントは3つ
>>美容師は早めの人材育成がカギ!若いスタッフが利益をもたらす!
>>人材採用>記事を一気に読む<まとめ>

募集広告を出すタイミング

アルバイトの募集広告を見ていると、10月以降から年末年始に向けたサービス業の募集が多く見られるようになります。そのため、10月以降に募集広告を出しても十分間に合うだろう、と考えている方も多いのではないでしょうか。10月を過ぎてから募集をかけて、運よく優秀な人材が見つかることもあります。しかし、人材を採用してから教育に掛かる時間や仕事に慣れるまでの時間を考えれば、早めに募集をしておく方が賢明。競合店などの募集が出る前に募集広告を出すことで、待遇面で比較されるのを避けるメリットがあります。
さらに、まだオープンしたばかりのお店や、軌道に乗る前のお店にとっては早くに募集広告を出すことにもうひとつメリットがあります。10月に入ると厚生労働省から最低賃金の改定が発表されることが恒例となっています。そのため、各企業も賃金の見直しを行い、資金に余裕のある店舗や企業は賃金改定を見越して高めの給与で募集を開始します。つまり、人件費に余裕のない店舗や企業にとっては、10月以降に募集広告を出すと不利になることが多いのです。確実に人材を確保したいなら、10月より前に募集広告を出すことをおすすめします。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ