お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 人が集まる人気カフェのメニューはどのくらいの周期で新しく変わる?

2018/07/13

人が集まる人気カフェのメニューはどのくらいの周期で新しく変わる?

季節の果物や野菜を使った限定メニューがあると、つい注文したくなる人は多いものです。また、人気カフェが新しいスイーツやランチを始めたと聞き、「早速」とばかりに出掛けた経験はありませんか?ここでは、カフェ開業に向けて知っておきたい新メニューの導入スパンと入れ替えメニューの探し方を紹介します。

人気カフェの秘密は日替りメニューと季節メニュー

人が集まるカフェは、日替りメニューや季節メニューがあり、リピーターを飽きさせない工夫をしています。行く度に新メニューがあることで何回も通いたい店になり、常連客を囲い込むツールになるためです。日替りメニューや季節メニューは以前の商品と入れ替えになるため、スタッフの手間は変わりません。無理なく注文をこなせるメニュー数を維持しながら、お客さまの満足度を高める工夫ができるということです。

日替りメニューの作り方

日替りメニューを始めてみるのであれば、週あたりの営業日数にプラスして1〜2品をあらかじめ考えておき、ローテーションする方法をおすすめします。週5日営業であれば、6~7種類のメニューを考えておくということです。営業日数と同じ数にしないことには、曜日によってメニューが固定化するのを避けるねらいがあります。メニューにバリエーションを作ることで食材のロスを減らすこともでき、原価率の改善にもつながるはずです。

オフィス街にあるカフェの場合は、昼休みのビジネスマンに提供するランチが日替りメニューの対象です。1時間しかない昼休みの間にランチをとることを考えれば、スピーディーに提供できるものがよいでしょう。カレーやシチューを再加熱するだけの状態にしておき、盛りつけして出すだけなら、大きな手間にはなりません。OLさんにメインターゲットを絞り、野菜をたくさん使ったカラフルなプレートランチを作るなど、コンセプトに合わせた工夫もできます。ランチとセットで注文できるデザートメニューをいくつか用意し、単価アップをねらう方法もおすすめです。

季節メニューの作り方

人気カフェの季節メニューは、インターネットメディアやワイドショーで特集が組まれるほど注目を集めるものです。「今しか食べられない」というプレミア感が来店意識を高め、しばらくご無沙汰だったお客さまを呼び戻す効果も期待されます。夏限定メニューが気に入ったお客さまが「秋になったら、また来よう」とリピーターになり、何度か訪問しているうちに定番メニューも気になって、常連客に変わる流れが理想です。

ゼロから毎回考えるのは大変であるため、人気商品の材料に旬の素材を加える方法を考えてみましょう。デザートメニューが豊富なカフェであれば季節の果物を使ったパフェ、ランチ需要が高いお食事系カフェなら季節野菜を使ったサラダなどがよい例です。季節ごとに素材を変えるだけのため、調理の負担は変わりません。地元の名産品を使う、有機栽培のハーブにこだわるなど、開業の際に決めたコンセプトに合わせた季節メニューを取り入れてみましょう。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ