お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/01/05

栄養成分表示をして常連客を獲得する方法

メニューでの栄養成分表示はお客様に「安心」を与えます。その安心が、結果として常連客獲得へと繋がっていくこともあるので、侮ってはいけません。

1980年代、エネルギー量の表示から始まった栄養成分表示。エネルギーを示すカロリー表示から始まり、2000年代に入ると、資質や食物繊維などの表示も始まりました。最近ではスーパーの食料品売り場はもちろん、コンビニエンスストアやレストランのメニューまで詳しく栄養表示されています。健康と食事に対する意識が高まる昨今、お客様はどの部分の表示を見ているのでしょうか?

栄養成分表示の重要さ

とある調査では女性の7割以上、男性の6割近くが「外食メニューや加工食品での栄養成分表示が必要」と答えています。しかし、実際に詳細まで表示している提供者は多くないでしょう。それだけに、栄養成分表示をきちんと行っている店舗やメーカーは、お客様から信頼を得られるでしょう。また、2003年に施行された健康増進法に基づいて、各自治体は栄養成分の表示を推進。自治体ごとに設定されている条件を満たせば、「栄養成分表示の店」や「健康づくり協力店」として登録されて、ステッカーなどを貸与されることがあります。つまり、…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ