お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • サラリーマンの平均昼食代はいくら?人気のワンコインランチを探る 

2018/03/28

サラリーマンの平均昼食代はいくら?人気のワンコインランチを探る 

お昼のランチタイムは、多くのサラリーマンにとってお楽しみの時間。おいしいランチをしっかりとって、お腹も心も満足したいと願っています。そんなランチも毎日のことだけに、どこで何を食べるかが悩みの種。多くの人ができれば新しいお店に挑戦してみたいと思ってはいるものの、お財布とも相談しなくてはいけません。東京都心部の飲食店では、ランチも1000円前後することも多く、毎日食べるのはお財布に大打撃。安くておいしいランチが食べたい…そんなサラリーマンの需要を狙って、盛り上がりを見せているのが「ワンコインランチ」です。500円でランチが食べられるのはサラリーマンにとって朗報。大手グルメサイトも参入し、ワンコインランチを取りいれてみようと考える飲食店経営者も多いようです。はたして、ワンコインランチにチャンスはあるのでしょうか。サラリーマンのランチ事情や、ワンコインランチを取りいれるメリット、注意したい点などを詳しくご紹介します。

魔法のフレーズ「ワンコイン」

ワンコイン=500円玉1枚。ワンコインランチは、お財布の中から1枚のコインを出すだけで食べられるというイメージで人気があります。実際は、お札や電子マネーで支払ったり、ワンコインとうたいながら「税抜で500円」のお店もありますが、頭の中のイメージはスパッと切りよく、コイン1枚。ワンコインはお得感をアピールできる、まさに魔法のフレーズです。しかも最近の流れから、通常価格で500円以上するメニューをランチタイムならワンコインで食べられる、という「お値段以上」のイメージが定着しているので、店の看板に「ワンコインランチ」と掲げるだけでお得感をアピールできるのも「ワンコイン」の魔法。また、来店したことがないお店に入るのはハードルが高いものですが、ワンコインランチを掲げたお店なら「失敗しても500円」という安心感から入店しやすくなっています。新規のお客さんを集客し、「この味なら」と納得してもらうことができれば、ディナーでの利用も期待できます。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ