投稿日:更新日:

心をつかんで離さない!集客アップにつながる看板作りの秘密とは!?

心をつかんで離さない!集客アップにつながる看板作りの秘密とは!?_記事画像

飲食店の看板は、集客を左右する重要なものです。お店に対するお客様の第一印象にもなりうるため、看板はお店の顔とも言える重要な存在です。
お客様を惹き付ける人気店の看板は、確固たるコンセプトをもったデザイン性の高いものです。実際、看板の可愛さやデザインがきっかけで足を止め、お店に入ったことがあるという方も多いはずです。
そこで今回は、お客様に好印象を与える看板作りの秘密をご紹介します。

飲食店の看板が果たす役割

多くの人気店で行われている、個性溢れるこだわりの看板作り。
そもそも看板が果たす役割とは、一体何でしょうか?

お店の存在感をアピールできる

飲食店の看板は、他店に負けないお店の存在感を演出するための目的があります。数多くの飲食店の中から、他店にはない独自性を出すことでお客様に印象づける必要があるのです。
例えば、単純に大きな看板を店先や入り口横に配置したり、目立つ色を使った看板を作るなどです。こうした看板はお客様に一発で強烈な印象を与え、存在感をアピールすることができます。

人目を惹くことができる

飲食店の看板は、その作り方次第で通行人の目を惹くことができます。通りすがりの人を看板によって惹きつけ、集客につなげる役割を果たします。配色や照明などによって物理的に人目を惹くことも大事ですが、料理自体をアピールする看板作りも良いです。他店と差をつけることができます。

集客に役立つ看板作りの4つのポイント

印象的な飲食店の看板は、通行人へのアピールによってSNSなどでの拡散も期待できます。SNSは、若い人を中心に絶大な影響力を持ちます。実際に看板を見た人だけでなく、写真を見て興味を持った人も魅了することができるのです。注目される看板づくりに時間をかけることは非常に重要で、オリジナリティ溢れる表現力・工夫が必要です。
集客に効果的な看板作りのポイントは、以下の4点です。

①お店の存在感をアピールする看板であること
②お客様を魅了するデザイン性の高い看板であること
③インパクトがある看板であること
④提供する料理の特徴がわかるデザインの看板であること

この4点が、魅力的な看板作りをするために重要です。特に飲食店開業時は、どれだけ多くの人の目に止まり、注目されるかが人気店になるために大切なことです。お店のデザインを考えるのと同じくらい、看板にも集客戦略を考える必要があるのです。

集客に役立つ看板作りの4つのポイント

要チェック!飲食店が看板で集客する秘訣

こだわりの看板作りは、そのお店の個性、オリジナリティが出ます。ただし、多くの情報を盛り込みすぎていたり、ごちゃごちゃした印象を与えてしまうと、逆に嫌煙されてしまうことも。
集客につながる看板作りの秘訣を具体的にご紹介します。

看板だけでお店の特徴を伝える

看板は、そのお店の顔といえるものです。そのため、看板をみただけでお店の特徴や看板メニューが分かるようなデザインにするのがおすすめ。シンプルなものでも十分伝わりますが、細かいお店の特徴を伝える看板のほうが良いです。例えば、メインメニューの名前が看板名になっていたり、料理と紐づけられた看板であるなど。どんな料理を提供しているのか連想できるため、集客につながります。自分のお店にしかない売りを看板に反映することは、集客には効果的なのです。

英語表記は嫌煙されやすい

英語表記が長い看板名は、避けたほうが良いです。英語表記の場合、ネットで場所を検索したりする際にスペルがわからなくなってしまったり、読み方がわからないといった問題がでてきます。英語表記が長くなるほど、お客様の印象に残らなくなってしまいます。
英語表記を使う場合は、お客様に配慮してアルファベット数を少なくしたり、分かりやすい単語にするなど工夫が必要です。とくにフレンチやイタリアンのお店でおこりやすいので、注意です。

オリジナルキャラクターを作ると宣伝効果が高い

看板をみただけでお客様にインパクトを残すには、オリジナルキャラクターを看板に起用すると良いです。キャラクターが載っているだけでも注目されやすく、話題性があります。インパクトのあるキャラクターはSNSで多くの方に共有されます。オリジナルキャラクターを用いた看板がきっかけで、宣伝効果を高めることができるのです。キャラクターを作るのは大変ではありますが、一度認知されるとお客様に強く印象づけることができます。一度作成を検討してみると良いでしょう。

その店のオリジナリティがでる!手書き看板を出すメリットと注意点

他店にはまねできない独自性をだすには、手書き看板がおすすめです。二つとない個性溢れる看板ができ、お店の特徴やイメージを演出しやすい手段です。飲食店で手書き看板を使用する場合、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

その店のオリジナリティがでる!手書き看板を出すメリットと注意点

お店で手書き看板を使うメリット

手書き看板は、低コストでこまめに情報更新できる点が大きなメリットです。新しいメニューの導入もすぐに外向けにアピールすることができ、変革や新しさがあるお店であるという印象を与えます。また、手書き看板にはパソコンで作られたものでは出すことができない温かみが感じられます。料理も魅力的で美味しそうに見え、お客様からの評判も良くなります。さらに、イラストや写真などを付け加えると、よりオリジナリティを強調した看板ができます。

おすすめは木製看板や黒板タイプ

手書きの看板を作る際におすすめなのが、木製と黒板タイプの看板です。それぞれ、お店自体の雰囲気に合わせて使用するとお客様に良いイメージを与えることができます。
例えば、木製看板の場合は和食の飲食店に合います。黒の筆文字で手書きをすれば、雰囲気のある和風テイストに仕上がります。黒板タイプの場合はメニューがランチとディナーで違っていたり、日替わりランチがある飲食店に最適です。簡単に修正が効く手軽さから、多くのジャンルの飲食店で重宝されています。チョークタイプやペイントタイプがあり、そのつど演出したい雰囲気によって使い分けるのがおすすめです。

このように、手書き看板の書き方一つで、お店の印象を大きく変えるための十分な効果を期待できます。個性が光る看板づくりには、欠かせない看板なのです。

手書き看板を扱う際の注意点

手書き看板は常に更新しなければ飽きられてしまうため、黒板にデザインが書ける人材が必要です。毎日更新する必要はありませんが、1週間に1度は最低でも更新することが理想です。また、手書きの看板は雨の日に外に設置することが難しいです。雨でデザインが崩れてしまう可能性があるためです。
こういった場合、例えばデザインが書ける人がいない場合は、こった手書き看板にせずに写真と一言メモ程度にとどめたり、雨の日はシートをかぶせて濡れないようにするなど、対策を立てておくことが大切です。

まとめ

飲食店の看板は、集客アップさせるための鍵を握るアイテムです。他店にはない雰囲気やオリジナリティをアピールする手段となり、差別化を図ることができます。そのため、印象的でインパクトのある看板デザインが求められます。デザインはもちろん、看板の演出方法やどこに配置するかまで、お客様からどう見えるのかを意識して慎重に検討しましょう。

お客様の心に残れば、それは人づてやSNSを伝って必ず広がります。飲食店開業を検討している方はもちろん、看板を一新したい方は、話題性のある個性的な看板作りに挑戦してみて下さい。

この記事の監修
株式会社USEN/canaeru 開業コンサルタント

○会社事業内容
IoTプラットフォーム事業・音楽配信事業・エネルギー事業・保険事業・店舗開業支援事業・店舗運用支援事業・店舗通販事業。

○canaeru 開業コンサルタント
銀行出身者、日本政策金融公庫出身者、不動産業界出身者、元飲食店オーナーを中心に構成された店舗開業のプロフェッショナル集団。
開業資金に関する相談、物件探し、事業計画書の作成やその他の店舗開業における課題の解決に取り組む。

canaeruは年間300件以上の開業サポート実績!

SNSでログイン、またはメールアドレスの登録で
開業までのサポート完全無料で受けられます!

個人情報の取り扱いについて

メールアドレスを入力してください

無料会員登録でできること
① 「日本政策金融公庫」の創業融資をはじめとする資金調達の相談が出来る!
② 開業時に必要な事業計画書の作成サポートが受けられる!
③ 店舗開業や運営に関するさまざまな疑問点・お悩みを何度でも相談可能!
※ 金融機関出身者、元飲食店オーナーら店舗開業のプロが対応します

PAGETOPへ