お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 最近話題の低温調理もひとつ間違えれば営業停止!? 正しい調理法を身につけよう

2018/03/02

最近話題の低温調理もひとつ間違えれば営業停止!? 正しい調理法を身につけよう

肉をフライパンや鍋に入れて高温で加熱したときに、硬くてパサパサしてしまったという経験はありませんか?
安いお肉でもジューシーでおいしく食べられる方法があったら……そんな要望を満たしてくれるのが「低温調理」です。
ここ数年、ブームになりつつあり、いち早く取り入れた飲食店がメディアで取り上げられることも多くなってきています。しかし、食の安全性という点ではリスクがあるため、正しい知識をもって対処する必要があります。
そんな低温調理の特徴と導入する際のポイントをご紹介しましょう。

低温調理ってそもそもどんな調理法?

文字通り低温でじっくり火を入れる調理法のこと。主に肉料理に用いられています。
ミオシンとアクチンという2種類ある肉のタンパク質のうち、アクチンは一定以上の熱を加えると分解されてしまう性質があり、肉質が硬くなって水分が外に逃げてしまいます。
そこで、アクチンが変化しない程度に低温で時間をかけて加熱するという方法、「低温調理」が生まれました。フランスが発祥の地とされています。
肉がジューシーでおいしいうえ、体によい良質なタンパク質をたくさん摂取できるという利点があります。
最近では、女性の間でもお肉をしっかり食べる方がむしろダイエットによいという考えが浸透してきていて、健康的な体を手に入れる手軽な方法として見直されています。
ブームが起きた背景にはそんなトレンドも関係しているのかもしれません。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ